ブログ | 東進ハイスクール 自由が丘校 大学受験の予備校・塾|東京都

ブログ 

2024年 5月 24日 隙間時間の使い方ver倉持

 

みなさんお久しぶりです!!ブログ登場二回目になります、倉持花望です!!

前回のブログ更新から少し間が空いてしまったので、軽く自己紹介をしたいと思います!!

 

名前倉持花望

大学学部早稲田大学人間科学部

高校東京都市大学等々力高等学校

部活バトン部

 

、、、と、こんな感じです!!

 

そして本日のテーマは、、、

隙間時間の使い方です!!!

 

受験生にとって一番大事と言っても過言ではない隙間時間の使い方について!本日はお話ししていきたいと思います。

 

 

私が受験生時代にしていた隙間時間の活用方法は大きく分けて二つあります!

 

参考書を手に持たないタイミングをつくらない!!!!!

 

えっ??って感じる方も多いかもしれませんが、これ結構効果的です✨

あー今暇だなあと思っても、片手にはスマホ、参考書はカバンの中、、みたいなこと多くないですか??

そういう時ってやっぱり、めんどくさいしスマホを見ちゃいがちになりますよね。。

それを物理的に防いでいくのがこの作戦です!!学校から東進、東進から学校の間の移動時間も、家でトイレ行くときもご飯たべるときも、一瞬でも暇な時間があったら、参考書をパッと開く!!

たったこれだけで合計何時間勉強時間が増えることか…!!

是非してみてください!!☆

 

隙間時間でしか使わない参考書を選んで、いつ終わらせるか決める!!!

どういうこと??って感じかもしれないですが、これ結構いいです。

例えば、私の場合ですが、私は、世界史の年号専用の参考書をもっていて、次の模試までに終わらせると決めて使っていました。

すると暇な時間も、これやらないと次の模試やばい!!みたいな感じでせかされるきもちがして、やる気が起きてきました!!

そうすると自然と暇な時間も頑張ろうという気持になりました。

 

以上の2つが私が実際にやっていて良かったなと思った隙間時間の活用法です!!

是非皆さんも参考にしてみてください!!

 

 

明日のブログ更新は、白井先生です!!

おたのしみに~~~!!

 

2024年 5月 23日 隙間時間の使い方 ver.齋藤

 

皆さんお久しぶりです。

1年生担任助手の齋藤駿仁(さいとうはやと)です。

学年が切り替わり、新しい環境に期待と不安を抱えた身を投じた4月を終え、5月下旬になり、そろそろ新生活に慣れてきたころではないでしょうか?

新しい友達はできました?学校に遅刻せず登校できていますか?僕の知人に、すでに遅刻常習犯になってしまった人がいますが、毎日笑顔いっぱいです。

やはり、何事も割り切ることが大事ですね。中途半端な人が一番危険ですよ。

実際僕も先週の日曜日の大学の文化祭で、遊びに来てくれた1年担任助手とその友人たちに、1本500円のチーズハットグ6人分を一部ではなく全額負担しました。おかげで財布が厳しい状態が続いています。

 

さて、今日のテーマは「隙間時間の使い方」です。

受験生の皆さんの多くは、担任の先生方と面談をして過去問演習講座を取ることになったと思います。

8月末までに第一志望校の過去問10年分を達成するために、これから過去問演習に明け暮れる日々が待っています。

過去問演習をする際には、2階の座席カードの向かい側に置いてあるパソコンで印刷することになりますが、印刷の仕方はもうご存じですか?

分からなかったら遠慮なく担任助手の先生方に聞いてくださいね

 

まだ、あまり印刷をしたことのない受験生が大半なので、伝わりにくいのですが、印刷には結構時間がかかります。

印刷のサイズを間違えたり、担任助手の先生が印刷物を渡してくれなかったり、印刷用紙が使い切ってなくなってしまったりと、トラブルが絶えません。

また、そもそも他の受験生が印刷中で、パソコンが空いておらず、他人の印刷が終わるまで待たなければならないなんてこともあります。

そこで、ただ突っ立て待っていると10~15分ほど無駄にしてしまいます。これは大きなdisadvantageです!

1日だけならまだしも、このタイムロスが積み重なり、20日で、5時間ほどの勉強時間を失います。

この5時間でライバル達に大きな差をつけられるなんてこともあるかもしれません。

それは絶対に勿体ない!!

 

このたった10分を、積み重なって他の受験生と比べて出遅れる要因になりうる10分を有効に使わない手はないでしょう!!!

僕は現役時代、印刷の待ち時間にquizletの英語の単語帳をやっていました。

quizletには”マッチ“という機能があり、ゲーム形式で単語を覚えられる機能があります。英単語の暗記法で迷っている人にはおススメです!!

実際にこの十数分の単語学習が、合格に直結したかと問われると、怪しい部分がありますが、少なくとも精神的な余裕を生む要因にはなっていたと思います。

受験本番が近づくにつれ、残り時間が少ないという焦りから、空回りする人が多いですが、この隙間時間の使い方が習慣化できていれば、「自分は大丈夫」という自信が生まれてきます。

隙間時間の使い方は人それぞれですが、単語帳一問一答など、十数分でできるものをお勧めします。

 

隙間時間を有効に使うという点では、高校3年生以外に通ずる話です。

知っている人も多いと思いますが、受験の総勉強時間で一番差がつくのは高校1,2年生の間です。

高校3年生になると皆が勉強して、差をつけようにもつけられないものなんですよね。

高校1,2年生は部活などで忙しく、勉強なんて二の次と考えている人が大半だと思いますが、例えば、毎日電車の通学中に10分高マスを進めるだけでも、一週間で1時間近く勉強したことになりますよね。

この1時間は受験生だったら簡単には作れない差になります。

 

とまあ、ここまで、隙間時間を有効に使うメリットを長々書いてみましたが、やる気のない人は、どんなに熱く語っても、隙間時間を有効に使った勉強なんてしませんよね。

また、もともとやる気のある人は、そもそもこんな文章を読む前から実践していることでしょう。

今一番伝えたいのは、「これからやろうかな…」とか思っているあなた!!

一番最初に書いた通り、何事も割り切れる人が何事にも強いです。

悩んで実践できていなあなた実践してみたものの三日坊主でやめてしまったあなた割り切れていない中途半端な状態です。

どちらかに割り切れる人間を目指してください!!

 

次回のテーマ「隙間時間の使い方」ですが、ライターはまさかのあの大先生!?

明日も目が離せない!!お楽しみに!!!

 

2024年 5月 22日 低学年向け高速マスター!

 

皆さんこんにちは!担任助手2年の川口です!

久々のブログということで、張り切って書いていこうと思います!

 

今回は、高校2年生以下の東進生に向けて、

高速マスターについて、書いていきます。

 

高速マスターは、単語1800・熟語750・文法750・例文300・上単1000

の5つを順番にクリアし、英語の基礎を固めるための

東進オリジナルのコンテンツです。

上記の5つすべてクリアした状態を五冠

単語・熟語・文法の3つをクリアした状態を三冠と言います。

 

高2以下で、まだ五冠を達成していない皆さん!!!

一日でも早く達成しましょう!!!!

 

では、なぜ高マスの早期五冠が大切なのかをお伝えします。

 

高マスは英語の基礎となる部分であり、

共通テストや二次私大など、

大学入試で必ず出題される長文問題を解くために必要な道具とも言えます。

 

学校の授業や問題集はもちろんのこと、

二か月に一度実施される東進の共通テスト形式の模試や、その他模試も含め、

実力を測る機会にも問題が解けた方が絶対に良いですよね。

 

逆に、英語の基礎が固まっていないままだと、

実力アップにはつながりません。

 

以上の理由から、高マスは早く五冠達成まで終わらせましょう!

 

高2生以下は、

三冠を2か月以内、五冠を3か月以内の達成が目安となっています。

 

これを見て難しく感じる人もいるかもしれませんが、

達成者も当然います。

 

実際に、私は2か月半で五冠を達成しました!

生徒時代に私と一緒に校舎で頑張っていた友達も、

3か月以内に五冠を達成しています!!

その子は、共テ模試の英語の点数が

3か月で50点伸びていました!!!

 

英語が嫌いな人、苦手な人も、

高マスをやれば英語は必ず伸びます。

今はテスト期間だよという人もいるかもしれませんが、

受講は今の期間難しいという人も、

高マスなら簡単にできるし、時間もかからないので、

毎日少しずつでもできるはず!

 

早期五冠を達成し、英語の力をつけていきましょう!!

 

ちなみにおすすめの演習方法は、

音を聞きながら覚えることです!

耳から情報を取り込むことで、より覚えやすくなります。

ぜひやってみてくださいね!!

 

明日は齋藤先生です。お楽しみに!!!

 

 

 

2024年 5月 21日 受験生向け高速基礎マスター!ver小林

 

みなさんこんにちは!小林朋生です!

 

今日は受験生向けの高速基礎マスターについて話していきます!

高速基礎マスターは

単語・熟語・文法・例文・上級単語をクリアして

英語の得点UPのための基礎となる力を養成するものです!

 

このブログを読んでる受験生のみなさん、

高速基礎マスターは5月末までに上級単語までの5個すべてを完修し5冠を達成させましょう!

 

5月中旬ですが、もう既に共通テスト過去問演習をスタートさせている人もいます。

基礎力が付けきれず、読解以前の文章理解でストップしてしまっては

もったいないです。

 

昨今の共通テストの傾向からしても、

文章をいかに早く読めるかが得点に大きく影響してしまうので、

尚更文章を読む途中でストップなんかしてられません。

 

また、リスニングにおいても、

熟語表現を用いたひっかけ問題が失点の大きな原因となります。

例として take after~ (世話をする) という熟語表現がありますが、

長文の中で読めたとしても、

いざ音声中に聞こえてくると、 take しか聞き取れず、

「持ってくる」のような本来の意味として捉えてしまい、

失点してしまうということがあります。

 

このような失点を防ぐためにも、

まず基礎となる知識を固め、それを使える状態まで実力をつけることが必要です。

だからこそ、未だに高速基礎マスターを5冠していない受験生は

5月末に向けて全速力で演習を行いましょう!

 

また、自由が丘校内の階段には

高マス演習のススメ

と題した演習のコツを掲示いています!

そちらも併せてチェックしてみてください!

2024年 5月 20日 記述模試の復習方法(理系向け)

 

みなさん、こんにちは😊︎
1年担任助手の窪田です!

大学が始まってもう少しで2ヶ月経ちますが、大学の日は朝が早く、毎朝起きるのに必死です、、、、💦

実は、今回でブログ更新も3回目となりました!今日のブログは昨日の小野先生に引き続き、記述模試の復習についてです。

つい先日、早慶上理難関国公立大模試全国有名模試がありましたね!
受験生は受けた人も多いのではないでしょうか、、?!

受験した人は、
もう復習を終わらせましたか?!!

せっかく受けた模試を受けっぱなしにするのは、本当にもったいないです!
模試を今後の学習に活かしていくためには、復習をして何が足りなかったのかどこができなかったのかを把握することが必要不可欠です!!

今回の模試を受験していない人も、6月に入ると東大模試などの冠模試を受ける機会が増えていくと思います。
そこで今日は、私がどのように理系科目の復習をしていたのか、を紹介したいと思います!
 

英語
・長文
読解問題を中心に、本文の読み取り間違いなのか、そもそも本文がわからなかったのかを確認し、一文一文を和訳して考えるというよりも、文章全体の内容のつながりや構成を意識していました。
余裕があるときは、文章を読み直してわからなかった文法や単語を確認していました。

・和訳
関係代名詞がどこにかかっているのか、などの文章の構成を復習し、文法や単語を軽くまとめていました。
また、日本語として分かりやすい文章かどうかも意識していました。

・英訳
自分の答案を中心に復習しつつ、解答例を参考により端的にまとめられるように文法や単語を確認していました。
こんな言い回しがあったのか、と知れたらその場で覚えちゃいましょう!

・英作文
基本的には添削が返ってきてから、文法や単語で間違えていた箇所を復習をしていました。
解答解説の解答例は必ず読んで、考え方や文章構成、文章の繋げ方等をストックしておきましょう!
 

数学
解けそうだった、もしくは時間が足りずに試験中に解けなかった問題はもう一度解いてみてから復習を始めていました。
まったく手がつかなかった問題は、解答をみて一連の解法を確認し、公式を忘れていたらそれを書き込んだり、なぜその公式にあてはめて解くのかという考えの過程を文章で残すようにしていました。
 

化学
計算で間違えたのか、公式や知識の抜けがあったのか、問題を解いたときにどこでつまずいてしまったのかをきちんと確認しましょう!
理論や無機はある程度パターンですが、有機の構造決定は一つ一つの条件や反応などの構造決定に至るまでを一通り書き出して条件整理の仕方を練習しつつ、知識の復習をしていました。
時間はかかりますが、私自身はこれを通じてかなり問題が解けるようになったと思います!
 

生物
まず、語句などの知識問題を間違えたときは、すぐにその場で覚えましょう!
考察問題は、ある事象について一連の流れの理解がベースとなります。最初から最後まで理解と暗記をし、自分で説明できるようになるのがベストです!
記述模試の復習では資料集の細かいところまで読み込めるとより良いと思います。
問題の難易度が上がると、その場での条件整理も重要となってきます。条件や考え方を自分の言葉で書き出して整理し直すといいと思います。
 
 
ここまで紹介したことは、あくまでも私の復習方法です。
自分なりの方法をみつけるまで時間がかかると思いますが、
復習こそ、成績アップへの近道です!!
 
過去問開始前の今なら間に合います!自分なりの復習方法を見つけて頑張りましょう!