ブログ | 東進ハイスクール 自由が丘校 大学受験の予備校・塾|東京都

ブログ 

2023年 2月 6日 【私の受験期】ver.笹原

みなさん、こんにちは!

担任助手2年の笹原です!

 

一般入試が始まってきて、今更何をやるべきか

困っている生徒がいると思います。

そこで今回は私が受験期にやっていたことを紹介したいと思います!

 

まず、毎日全科目触れていました。

過去問で触れることはもちろん、

私は私立文系だったので

英語だったら単語帳、国語は古文単語、

社会は日本史の一問一答をやっていました。

直前期になると、一つの科目に拘ってしまい、

現代文の解き方を忘れてしまうということがあるので、

直前期こそ、全科目に触れていました。

二つ目として、校舎に毎日行っていました。

受験期は連続で続くこともあるので、

疲れもたまり、家で休みたくもなると思いますが、

ギリギリまで粘ることが大切です。

1分1秒を無駄にしないために

集中した環境でできることを最大限、

後悔のないようにやり切りましょう!

最後に生活面では

夜更かしはしないことです。

入試は朝早くから始まります。

夜更かしをして頭がぼーっとしている状態では

持っている力を十分に発揮できません。

自分が持っている力を最大限発揮できるように

体調には気をつけて、

笑顔で終えられるような受験にしましょう!

校舎全体で応援しています!

 

次回は小林担任助手から

小林先生の受験期に関して話してくれます!

お楽しみに〜!

 

2023年 2月 4日 【私の受験期】ver.風間

皆さんこんにちは!担任助手1年の風間です。

早いものでもう2月に入りましたね!受験生の皆さんは入試が本格的に始まってきてこれまで以上に忙しくなってきたのではないでしょうか?

今回は「私の受験期」というテーマで、1年前に私が受験生だった頃の経験を踏まえた話を皆さんにお伝えしたいと思います。

私が受験生の時は2月の頭から私立大学の受験が始まり、国公立の2/25まで試験を受けていました。

何日か2,3日連続受験の日もあり体力的にも精神的にも大変だったのを覚えています。私立の受験が毎日のようにある今の時期は、疲れていましたが

試験が次々に迫っていたので試験が終わったその日から次の大学の試験に向けて勉強にとりかかっていました。

勉強しているときに試験の結果が気になってなかなか集中できないなど、精神的にきついなと思うこともありました。

しかし今そのことを考えていても試験の結果は変わらないと切り替えて、次の試験に向けての勉強を頑張ることができました。

自分の感覚的にうまくいかない試験があったとしても、結果はどうなるか最後まで分かりません!

最後まであきらめずに皆さん自分の力を出し切ってください!

 

2023年 2月 2日 2月になりました!ver河原

こんにちは!

担任助手の河原です。

 

受験生の皆さん!

とうとう二月になりました!

二次私大入試が本格的に

スタートしていくと思いますが、

いま、どんな気持ちですか?

 

緊張不安楽しみだと感じている人も

いるでしょう。

その感情は、今まで皆さんが頑張ってきたから

味わえる、本当に貴重な経験です。

 

そんな感情に負けたりせず、

逆にに変えて

入試に挑んできてください。

 

ちょうど一年前の僕は

「やっと入試が始まる!」

「早く自分の力を認めてもらいたい」

とわくわくしていました。

 

きっと皆さんの中にも

「楽しみ」という感情が

あると思います。

 

存分に楽しんできてください。

 

また、入試本番、思わぬトラブルはつきものです。

自分は絶対忘れ物なんかしない!

 

と思っているそこのあなた

危険です。しっかりと前日に準備を済ませ、

早めに寝るようにしましょう。

 

皆さんの健闘を祈ります!

頑張ってこい!!

 

2023年 1月 27日 【受験生向け】本番で力を出し切るためにはver.梅田

皆さん、こんにちは!

担任助手2年の梅田響です!

遂に受験生は共通が終わり、二次私大の戦いが近づいてきています。

新高3も受験までいよいよ1年を切り、本当の受験生へとなりました

全ての生徒が後悔することのないように日々学習を進めて行きましょう。

 

さて今回は「本番で力を出し切るには」というテーマです。

これはなかなか難しいことですよね。共通を経験した皆さんには

もうわかると思いますが、やはり本番の雰囲気は全然違うし、周りのみんなが

めちゃくちゃ頭よく見えます。共通は知り合いが近くにいることが多いので

まだマシですが第一志望の大学にもなると、本当に圧倒されます。

その中でいつもの模試や校舎での過去問演習を100%再現するのは至難の

技です。ではその中でどのように力を出し切るのか、僕の視点で話して行きます。

 

○緊張するのが当たり前と思っておく

緊張しなければ別にラッキーですが、今まで約一年、人によってはそれ以上

積み重ねてきた努力をその1発の試験にかけると思うと緊張するのは当たり前の

話です。大事なのは自分が緊張するだろうと思って臨むこと。緊張している

自分に焦らないことです。そしてそれを重くとらえないことです。

武者震いくらいに思ってください!ああ、これまでの努力を出したくて

しょうがないんだな。試験が楽しみなんだなくらいのマインドで挑めばいいです。

 

○終わった教科は気にしない

決起会でも伝えましたが、終わった教科のことをいくら考えようとも

何も次の教科の点数は上がりません。あの問題が、、って思っている間に

ライバルたちは次の教科に切り替え準備を始めています。

そして一番言えることは皆さんが難しいなと思った問題は総じて他の

受験生も難しいと感じています。だから自分が難しいと思うんだから

他の受験生が解けてるわけないだろうというテンションで次に

行きましょう。受験会場で大事なのは傲慢さです。自分が頂点だと

思ってテストの主導権を握ってください!

 

○最後までもがく

一番大事なことですね。最後までもがいてください。

解けない問題、苦戦する問題いくらでもあると思います

ただその試験自体に屈しないでください。

勝負は最後の試験が終わるその時まで続きます。

そこまで自分がここまで培ってきた全てをぶつけてください。

皆さんならそれで大丈夫なはずです!!

 

大学受験もあと2ヶ月もすれば全て終わっています。

その時にやりきったなって心から思えるように

ラストスパートかけ抜いて行きましょう!

本当に応援しています!!

 

 

 

2023年 1月 26日 【高1、2年生向け】2022年度受講は受け終わりましたか?ver,梅本

皆さんこんにちは!!!

担任助手一年の梅本裕貴です!

最近は本格的に寒くなってきて

厚着が必須になってきましたね、、、

昨日は雪まで降る始末で

春が待ち遠しい限りです、、、

寒さで体がやられないように

皆さんもきちんと体調管理をしましょう!!!

さて、今回私は現在高校の一年生と二年生

つまり新高2と新高3に皆様にお伝えしたいことがあります。

それは、2022年度に取得した講座が受講できる期間

の締め切りが迫ってきているということです。

11月や12月に行った三者面談もしくは二者面談

で2023年度講座を新しく取得した生徒が

多いと思いますが、新しい受講に集中しすぎて

2022年度講座の存在をすっかり忘れていた、

面倒くさくて後回しにしていたという

方はいませんでしょうか?

ご存じの方が多いかと思いますが、

もう一度確認しておくと、

2022年度講座が受けられるのは

2月の末までです!!!

ここを過ぎると本当に講座が受けられなくなってしまいます。

本来得ることが可能であった力を

得ることができなくなってしまうのです。

これはとてももったいないことです。

受けれなかった授業の学習範囲が、

入試に出てしまったなんてこと想像もしたくないですよね、、、

是非最後までやり切ってください!!!