高速マスターどこまで進んでいますか? ver.高須 | 東進ハイスクール 自由が丘校 大学受験の予備校・塾|東京都 東進ハイスクール自由が丘校|東京都

ブログ

2021年 9月 6日 高速マスターどこまで進んでいますか? ver.高須

皆さんこんにちは!

 

二年生担任助手の高須桃寧(たかすもね)です。

 

ついに新学期が始まりました!

夏休みでは、大勉強会自由が丘杯大学学部研究会共通テスト突破会など

様々なイベントがありましたね!

 

どのイベントも一生懸命取り組んでいた生徒のみんなの姿から

たくさん元気をもらいました。

 

努力した分必ず力はついているはずです。

 

この夏で培った知識や忍耐力を学校生活でも活かしていきましょう。

 

 

 

さてさて、今日のテーマは高速マスターです!

 

夏に掲げた目標をもう一度思い出してみましょう。

 

高1=3冠(文法750まで)

高2=4冠(例文300まで)

でしたね

 

皆さん、高速マスターどこまで進んでいますか?

 

なかなか完全修得まで行けずに

確認テストや修了判定テストを受けないまま

になっていたりしませんか?

 

高速マスターを1回で完全修得するための秘訣を紹介していきます。

 

①完全修得する日程を定め実行計画を立てる

まずはゴールを定めましょう!

高速マスターを進め基礎力を固めると、

英文を読むスピードが上がり、点数も安定していきます。

直近で、模試や学校のテストがある生徒の皆さんは

模試で結果を出すために

その日程よりも前に目標を定めるようにしてください。

 

②とにかく毎日高速マスターに触れる

夏休みに比べて時間が限られている二学期

隙間時間を活用し毎日高速マスターを進めましょう。

暗記に必要なのは量!

日常の中で英単語を見る回数を増やすことが大切です。

 

③1回の演習数は単語・熟語100個、文法・例文30個

高速マスターでは演習する英単語の数を自分で選ぶことができますが

修了判定テストは必ず100題(文法・例文は30題)出題されることが決まっています。

日々の演習で100題解くことに慣れておくことで

修了判定テストにも臆せず挑むことができると思います。

 

④マイ単語リストをチェック

演習後は必ずマイ単語リストを確認しましょう。

リストには自分が間違えやすい

特に重要な単語が表示されます。

苦手な単語をノートにまとめておくなど

間違えた単語は必ずその日中に復習し

覚えるようにしましょう!!

 

ではでは、完全修得に向けて頑張りましょう~!!

高須