模試の判定はどう捉えればいい? ver.川上 | 東進ハイスクール 自由が丘校 大学受験の予備校・塾|東京都 東進ハイスクール自由が丘校|東京都

ブログ

2021年 9月 26日 模試の判定はどう捉えればいい? ver.川上

なさんこんにちは!

担任助手1年の川上征真です!!

ひさしぶりの投稿ですが

張り切って書いていこうと

思います!!

 

て、さっそくですが今回は

模試の判定を

どのように捉えるべきなのかについて

書いていきたいと思います。

 

ず模試の判定について

簡単に説明していきたいと思います。

模試の判定は多くの場合

A判定からE判定の5種類

存在します。

各々の合格率の目安ですが

A判定は80%以上

B判定は60%~80%

C判定は40%~60%

D判定は20%~40%

E判定は20%未満

といった感じでしょうか。

 

てさて捉え方についての話に移っていきましょう

普段E判定を目にしている生徒は焦燥感

普段A判定を目にしている生徒は安心感

を感じたでしょう。

 

かし、僕から伝えたいことは

判定は鵜呑みにしては

ならないということです

E判定でも受かる可能性は

十二分にあるし

逆にA判定でも落ちる可能性は

十二分にあります。

合格体験記などに目をむけると

多くの生徒がE判定から合格している

姿を目にすることができると思います。

模試の判定はあくまで目安です。

模試当日の体調にも左右されます

一喜一憂することなく冷静に

自己分析を重ねて

邁進していってください!!

応援しています!