併願校の決め方 ver小林 | 東進ハイスクール 自由が丘校 大学受験の予備校・塾|東京都

ブログ

2022年 11月 10日 併願校の決め方 ver小林

こんにちは!自由が丘校担任助手の小林です。

 

本日は受験生向けに併願校の決め方を話していきたいと思います!

私自身は第一志望東京大学理科一類で、

併願校には慶應義塾大学理工学部・薬学部・環境情報学部・

早稲田大学創造理工学部東京理科大学理学部・上智大学理工学部・

中央大学理工学部を受けました。

 

 

決め方は、チャレンジ校として早慶を、

安定狙いでsfc・上智・理科大を、

滑り止めとして中央大学を選びました。

このように私立大学は、チャレンジ校、

安定して受かりたい大学、

滑り止めと幅広い難易度のところを受けることをお勧めします!

 

 

私立大学は難易度が低いところから入試がスタートしていきます。

そのため、滑り止めで合格をとることができると、

安心することができ、その後の受験を優位に進めることができます。

 

 

私自身、

共通テストや、上智大、理科大の受験は

どこも合格が出ていない状態での受験だったので緊張していましたが、

終盤の早慶の理工では理科大の合格が、

東大の時には慶應理工の合格が出ている状態だったので

相当リラックスした状態で受験に臨むことが出来ました。

 

 

どうせ受かっても行かないからと選択肢から外すのではなく、

受験慣れ安心感を得るためにも、

幅広い難易度の大学学部を受験する戦略を立てて

第一志望の大学に万全の状態で臨めるようにしましょう!