【受験生向け】共通テスト対策!国語編 | 東進ハイスクール 自由が丘校 大学受験の予備校・塾|東京都

ブログ

2022年 12月 3日 【受験生向け】共通テスト対策!国語編

みなさんこんにちは!

担任助手1年の山田祥子です

 

今日は昨日の英語に引き続き、

国語の共通テスト対策についてお話していきたいと思います!

私の第一志望校は共通テストの比率が大きかったため、

共通テスト対策にかなり力を入れていました

少しでもみなさんの参考になれば嬉しいです!

 

私がこの時期に行っていたのは、

主に大問別による演習量の確保です。

 

特に、古文・漢文はやらない時期が長いと

単語や助動詞、句形が抜けてしまう不安があったので、

今日は古文、明日は漢文というような形で

1日おきに1題解くことを決めていました。

 

現代文に関しても評論と小説どちらかを毎日解いていました。

 

また、みなさんも既に考えていると思いますが、解く順番も大切です!

 

共通テストの国語は

大問1 評論

大問2 小説

大問3 古文

大問4 漢文

で構成されています。

 

私は評論があまり得意ではなかったので、

あとで時間が足りないという事が起こらないように大問1から解いていました。

 

一方で、古文が得意な友人は得意なものは先に終わらせて

時間がかかるものをじっくり解きたいと考えて、

3→4→1→2という順番で解いていたそうです。

 

何が正解か ということは無いので、自分に合った型を見つけて実践していきましょう!

 

国語は、他教科に比べると1問の配点がとても大きいので、

1問の間違いが共通テスト全体の結果に大きく影響してしまいます。

だからこそ、漢字・古文単語、句形などの基礎的な問題を

絶対に取りこぼさないようにすることが重要になってきます。

そのため、自分の抜けを見つけることを目的として演習をつむことをおすすめします。

 

最後の共通テスト本番レベル模試も近づいています。

共通テストを意識した勉強もしっかり進めていけるようにしましょう!