TMの必要性とは? | 東進ハイスクール 自由が丘校 大学受験の予備校・塾|東京都

ブログ

2022年 11月 16日 TMの必要性とは?

こんにちは!東進ハイスクール自由が丘校担任助手の松本です!

今日のブログのテーマは、「TM」です!

東進に通っている方であれば、TMが何であるかをご存知だと思いますが、ここで再度説明させて頂きます。

TMとは、Team Meetingの略称で、週に1度、決まった曜日・時間に、チームで集まるものです。1チームは、担任助手1人と、生徒5~7人で構成されています。

では、TMではどのような話をするかというと、前の1週間の振り返りと、次の1週間の計画立てを、担任助手と生徒で話します。

前の1週間の振り返りでは、先週のTMで決めた登校日数・受講コマ数・高速マスターの進度などを守れているかを確認します。TM以外で、月に1度のペースで1か月分の計画を立てるので、それとどのぐらいズレてるかを生徒と担任助手

で共有し、そのズレをどのように修正するか具体的に決めます。それを基に、次の週の計画を立て、東進での1週間のスタートとなります!

ここまで読まれた方の中には、「チームで集まらず、個別の対応でもできる事なのでは?」と思ったかたもいらっしゃると思います。確かに計画を立てることは個別でもできることです。しかし、その段階などで悩むことや、簡単には決

められないことに直面する時が誰にでもあります。TMはそのような悩みを、同じ環境で一緒に頑張っている他の生徒と共有し、いっよに考えることができます。また、予備校に通いながら勉強していると、周りの生徒の努力量や計画が気に

なると思います。他の生徒の様子を知ることで、良い所は自分も見習い、悪い所は自分も気を付けることもできます。

以上のように、TMはとても重要な意味をもつ集まりです。週に30分勉強時間が潰れる、という考え方ではなく、週30分でよりよい1週間にするという気持ちで参加してくださるとありがたいです!

生徒の皆さんは、これからも毎週一緒にTMに参加していきましょう!