3月 | 2020 | 東進ハイスクール自由が丘校|東京都

ブログ 2020年03月の記事一覧

2020年 3月 31日 明日から4月! ver.吉田

こんにちは。

担任助手1年の吉田です。

今日は3月31日ということで明日から2年生という扱いになるんですね。

 

今日は2019年度最後の日です。

明日からは学年が1つ上がります。

なので今日中に今の学年でやり残したことはないか確認しましょう。

今年度の反省を来年度に生かして

良い新学期のスタートを切れるように準備しましょう。

学年が1つ上がるということで新年度の目標を立てるのもいいと思います。

特に新高3生にとっては受験の年となります。

ここからの1年弱が非常に大事になってきます。

合格報告会などに出席してモチベーションも高く勉強できている生徒も多いと思います。

スタートダッシュかましていきましょう!!

 

4月26日には共通テスト模試があります。

そこでいい結果が出せるように準備していきましょう!

 

 

 

2020年 3月 30日 受験お疲れ!もうすぐ大学生!

 

こんにちは!!

担任助手1年の佐久間です!

 

春!

春ですね~

もう春だというのに

昨日は雪が降って驚きました

今年は、

感染症対策のため

お花見入学式

例年より盛り上がらない様子

仕方のないことですが

本当に寂しいです。

 

さて、今回は

受験お疲れ!もうすぐ大学生!

 

ということで

受験を終えて

今春大学生となる方

に向けてはもちろんですが

これから受験を迎える

という方にも

大学とはどんな場所なのかを

知るきっかけとなれたら

いいなと思います。

 

では大学とは

どんな場所でしょう?

広辞苑には

『高等教育の中核をなす教育機関。学術の中心として、広く知識を授けるとともに、深く専門の学芸を教授研究することなどを目的とする。』

と記されています。

大学は教育機関であり

同時に研究機関でもある

ということです。

自分が将来携わりたい

専門分野の最先端の知識

得ることはもちろん、

自分自身が研究者となって

各界の最先端に立つことも

できるかもしれません。

大学こそ皆さんの

キャリアのスタート

とも捉えられるでしょう。

つらく長い受験生生活の末

やっとの思いでつかんだ

合格から

皆さんの大学生活は

始まります。

是非4年間で

様々な経験をして

世界

羽ばたいていかれることを

心から応援しています。

 

ブログ読んでくださって

ありがとうございます!

明日の担当は

吉田担任助手!

「明日から4月!!」

という無茶なタイトルですが

どんなブログなんでしょう

????

お楽しみに!!!!!!

2020年 3月 29日 大学での友達の作り方 ver.岡田

岡田大和で御座います

 

最近世間を賑わしている

コロナウイルスのおかげで

ようやく引きこもりの私の

時代が来たといった感じですわぁ

 

まあそんなことは置いておいて

今回のお題ですが

こんな状況でなければ

新歓オリエンテーション

友達なんてたくさんできるよ

と言えたんですが

それらが中止や延期になっているので

ちょっと作りにくかもしれないですねぇ

 

なのでやっぱりTwitterなどのSNSで

同じ大学の人と繋がったり、

バイトなどで同じ大学生と友達になったり

が一番メジャーなやり方かなと思います。

 

まあ大学の授業が始まれば

またそういう機会も増えてくると思うので

焦らなくても大丈夫だと思います。

 

明日はちはや担任助手が担当で御座います。

 

2020年 3月 28日 模試の活用法 ver.野田

こんにちは。東進の野田です。

今日は模試の活用の仕方についてです。

 

みんな受けますよね模試。

あれがどう役に立つのかって話です。

 

ぶっちゃけて言うと、模試はただの受験のまねごとにすぎません。

 

模試の点数は受験本番の結果には何の影響もないです。

極論を言うと受験生時代に受けた模試が全て0点でも、

受験本番に合格最低点以上点数を取れれば受かるし

模試が全部満点でも

本番やらかしたら100受かりません。

 

 

それなのに一部の人たちは模試があるごとに

悪い点数だと萎えてやる気なくしたり、

良い点数だと慢心して油断したツイッターでイキったり、

とても不思議な行動に走ります。

 

これだけ見ると、模試なんかない方がよっぽどましだと思うでしょう。

悪い影響しかありません。

でも!

 

模試はそんなことするためにあるんじゃないです。

模試の正しい活用法は、先に活かすことです。

 

模試の結果見て落ち込んだり慢心するといった、

”その場に立ち止まる”だけのリアクションは時間の無駄です。

 

模試は”前に進む”ためにあるので、結果を振り返り、

すぐに先に活かさなければ意味がありません。

 

たとえば直前の模試で全教科0点取った人がいて、

その人が結果を見て萎えて全て放棄したら志望校には受かりませんが、

もしその結果を見て具体的に反省し、本番までに努力して

全科目8割くらいとれるようになれば受かりますよね。

 

模試はあくまで本番前の中間地点で学力をはかるイベントに過ぎないので、

模試での高得点とかそれ自体が目標になったら意味ないですね。

今一度、模試の捉え方を考え直してみてください。

 

 

 

明日はやまとです。

2020年 3月 27日 東進に入学したきっかけ ver池内

はいどーも!

担任助手1年の池内でーす!

 

なんかコロナ大変なことになってますね。

世の中にマスクが全然なくて

やばいと思いながら家の掃除をしてたら

マスクの箱が5箱くらい出てきて

勝ちを確信しました♪(´ε` )

早くおさまってほしいですね、

地球の人みんなで一本締めしたいです。

 

 

今日は

題名の通り

僕が東進に入った理由について話したいと思います!

 

周りが受験について考え始め

だんだんと勉強をし始めた時期、

池内少年にも本当に行きたい大学が出来ました。

その大学は当時の自分にはあまりにもハードルが高く

かなりの勉強量が必要でした。

 

けどそれまであんまり勉強したことが無く

習慣が付いていなかったため

家などで勉強するとすぐサボってしまいました。

 

そこで先輩に相談したところ

東進だと自習室もあるし

ちゃんと面倒も見てくれる、

そして何よりサングラスの先生がほんと良い!

と言われ、入学を決意しました。

 

実際、毎日通うことで

勉強の習慣が付きました。

夏休みは一日中勉強しても

そんなに辛くなかったです。

 

サングラスの先生のお陰で

物理はかなり得意になりました!

 

やる気はあるけどあんまり勉強が進まない人!

そのやる気を使わないのは勿体無いですよ?

何かしらの行動を起こすのが絶対必要だと思います。

東進はやる気さえあれば

じゃんじゃん授業を進められるので

理論上は最高だと思います。

 

ちょっと焦りは感じてるけどやる気ない人!

ぜひ一度東進に足を運んでみて下さい!

恐らく個性溢れるスタッフがやる気にしてくれます。

見える世界が変わると思います!

 

招待講習は今日が申し込み最終日なので

是非お申し込みして下さい!!

お待ちしてまーす!