7月中に共通テスト5年分を解く理由 ver保科 | 東進ハイスクール 自由が丘校 大学受験の予備校・塾|東京都

ブログ

2022年 7月 23日 7月中に共通テスト5年分を解く理由 ver保科

みなさんこんにちは!

東進ハイスクール自由が丘校3年生の保科裕都です。

今現在自分は、来年の就活に向けての準備として

いろんな企業にインターンの申し込みをしているんですが、

いろんな場面で高校生の時に一生懸命勉強してきてよかったなということを感じています!

皆さんが今やっている勉強も、

大学受験はもちろん、先の将来に絶対に生きることです!

一生懸命頑張りましょう!!!

 

ということで今日は、

「7月中に共通テスト過去問5年分を解く意義」です。

皆さん今必死に受講を終わらせて、

過去問を解くための準備、もしくはもう過去問対策に入っている人もいると思います。

そんな中で考えると思いますが、

まだ少し自分にはレベルが高いかもと感じる人はいると思います。

そう思って演習から逃げている人はいませんか?

それではダメです!!!

 

確かにインプットも終わったばかりで、

吸収度も低いから過去問やるのがレベル高いというのももちろんわかります。

しかしだからと言って逃げていいのでしょうか。

受験の試験日はすでに決まっていて後ろにずれることはないですし、

皆さんのライバルは同級生だけでなく浪人生もいます。

だから少しでもレベルが高いと感じたとしても

頑張って挑みましょう!

過去問演習を通して、自分に足りない力を見つけて、再度インプットに生かす。

このルーティンを活用してください!!

頑張りましょう!!!

 

明日のブログは梅田先生です、お楽しみに~!