過去問の分析できていますか?ver河原 | 東進ハイスクール 自由が丘校 大学受験の予備校・塾|東京都

ブログ

2022年 8月 30日 過去問の分析できていますか?ver河原

こんにちは!

担任助手の河原です。

夏休みが終わると同時に、涼しくもなり夏も終わろうとしています。

 

が、受験勉強は終わりません!

ここからは学校が始まり、夏休みほど勉強に時間を割けない日々が続きます。

 

ここで大事なことは効率よく勉強していくことです。

では、どのようにしたら効率よく勉強できるのか、、、

 

 

ズバリ、過去問の分析です。

 

 

前置きが長くなりましたが、今日のテーマは

「過去問分析できていますか?」です。

 

 

東進生は夏休みに共通テスト10年、二次私大5年を解き終えるカリキュラムになっています。

その中で過去問の分析は出来たでしょうか?

出来なかった人は今からでも分析を始めましょう!

「そんなこと言われても分析の何がいいの?」「分析はどうすればいいの?」

と考える人がいるかもしれません。

一から解説していきます!

 

 

まず、「分析するメリット」です。

これはずばり「第一志望校に向けて一直線に勉強できる」点です。

例えば、過去5年の過去問を解いてみて、「英作文は出ない」と分かれば、

英作文の対策を必要はなく、効率よく勉強できます。

また、第一志望校の過去問の分析をし、傾向をしっかりとつかめれば、

その傾向に似た大学を探すことが出来、効率よく併願校対策も出来ます。

 

 

次に「分析のやり方です」

分析のやり方は様々ありますがどうしたらいいか分からないいう人は

過去問分析シートを活用しましょう!

毎回分析シートに自分が出来なかった問題や、大問を書き込むことで

大学の傾向を知るだけだなく、自分の弱点も見つけることが出来ます。

 

 

さらっと簡単に説明しましたが過去問分析は簡単ではありません。

効率よく勉強できるように、頭を使いながら勉強していきましょう!