映像授業の魅力とは?対面授業との違い ver.梅田 | 東進ハイスクール 自由が丘校 大学受験の予備校・塾|東京都 東進ハイスクール自由が丘校|東京都

ブログ

2021年 11月 8日 映像授業の魅力とは?対面授業との違い ver.梅田

みなさんこんにちは!

担任助手の梅田です!

昨日は全国統一模試、お疲れ様でした。

良い結果を残すことができたでしょうか?

解答は既に公開されているので、是非自己採点してみてください!


さて今回は

映像授業の魅力と対面授業との違い

について話していきたいと思います!

 

実際に塾を選ぶ上でまず迷うのが映像か対面かですよね。

どちらにもそれぞれの良いところがあります。

ここでは映像授業のメリットについて深く話していきます。

 

メリット1  好きな時間に受けられる

これが映像授業の1番の強みだと思います!

高校生になると部活も勉強も、そしてイベントなどもあり

かなり忙しい日々を送りますよね。

対面授業は時間が固定なので、いけなかったらその授業は

休みになってしまい、ライバルと差をつけられてしまいます。

しかし映像授業なら別の日に受講をすることができ、

そのようなことが発生しません!

 

また部活やイベントが落ち着いた時期に、早めに授業を受けておくことで

忙しい時期に少し減らしても問題ないように調節できます!

 

メリット2  授業を何度でも見れる

これも対面授業ではできないことです。

「先生、あの時なんて言ってたかな」

「この問題どうすれば簡単に解けるって言ってたかな」

とふと授業内の解説や解法聞きたくなった時に、

もう一度授業を聞けることが映像授業の強みです!

自由が丘校にも自分の弱点分野をもう一度

受講を受けて、克服する生徒もいます

 

メリット3  授業の受け方の柔軟さ

タイトルでは分かりにくいですが、要は

授業を1.5倍速で受けたり、止めたり、戻ったり

することができるということです!

東進の授業は本来対面授業と同じ90分ですが

1.5倍速で受けることにより、60分で受け切ることができます。

その浮いた30分で授業の復習をすることができるのです!


 

今回は映像授業の魅力と対面授業の違いについて

話していきましたが、どうでしたか?

対面授業にも別のメリットがあると思うので

自分がどちらに合うか、よく吟味してみてくださいね!

明日は日本史論述の解き方のコツを小谷さんが話してくれます

お楽しみに!