共通テスト本番まで50日を切りました!残り時間で何をやるべき? ver.梅田 | 東進ハイスクール 自由が丘校 大学受験の予備校・塾|東京都 東進ハイスクール自由が丘校|東京都

ブログ

2021年 11月 27日 共通テスト本番まで50日を切りました!残り時間で何をやるべき? ver.梅田

みなさん、こんにちは!

担任助手の梅田です!

街が紅葉から少しずつ、クリスマスに移り変わっていってますね。

四季って良いなあとしみじみ思います。

ただ体調も崩しやすくなるので、注意してくださいね!

 

さて本題に入ります。

題名に書いた通り、共通テスト本番まで残り50日を切りました。

100日から50日まで想像以上にあっという間だったのではないでしょうか。

ちなみに50日前は9月6日でした。ついこないだのよう。。。。

本番が近くなり、何をやるべきかかなり迷うと思います。

なので今日は残り50日何をやるべきか話していきます。

 

①共通の過去問

まず最初に来るのは共通です。

今は2次の対策に力を入れている人が多いと思いますが、

徐々に共通テスト対策にシフトしていきましょう。

10年分、時切れていない生徒はもちろんそれを第一に。

解き終わっている人は市販でたくさん売ってるのでそれを

買って対策するか、2周目を解いてみましょう。

 

②苦手分野の撲滅

苦手分野を潰しかかるための最後の期間です。

本番までに間に合わせるためには、今すぐ始めましょう。

今まで避けていた苦手分野はありませんか?

本番、ここさえ勉強していればという後悔だけは絶対にして欲しくないです。

苦手分野を洗い出し、最終調整に入りましょう。

苦手分野を潰すには単元ジャンルがおすすめです!

 

③2次対策

先ほど共通も大事だと言いましたが、

2次もある程度は進めておいて良いでしょう。

特に私立勢は科目数も少ないので、共通は

一ヶ月前から始めれば十分です。

少なくとも12月12の模試までは2次に重きを置いて良いと思います。

第一志望の過去問が現段階で5年分終わっていない生徒は

かなり焦ってやってください。

 


新2・3年生も他人事ではありません!

 

東進に入って、この1年間培ってきたものを発揮する場所です。

みんなも1年後・2年後には同じ舞台に立つことになります。

受験は早期スタートであるほど、得でしかありません。

他人事だと思わず、この同日でしっかりと点数を取りましょう。

これから50日、第1の受験だと思い、受験生に開けずに勉強してください!


 

今回はここまでです!

ここから1日やることが2%の重みになります

少し休んだその日が、合格を左右する2%になるかもしれません。

1分1秒を本当に大切に、あとで後悔しないように

今を全力で駆け抜けてください!

本当に応援しています!

 

明日のブログは天保さんです!

お楽しみに!