東進って誰がどんな風に見てくれるの?? ver.安藤 | 東進ハイスクール 自由が丘校 大学受験の予備校・塾|東京都 東進ハイスクール自由が丘校|東京都

ブログ

2021年 10月 11日 東進って誰がどんな風に見てくれるの?? ver.安藤

 

皆さんどうもこんにちは!!

自由が丘校担任助手

4年の安藤尚輝と申します!

 

さて皆さん!!

もう10月ですが意外と暑いですよね。

去年はパーカーを着ている日があったような気がしますが

今年はまだ半袖でいけそうな日もありますよね。

 

これも地球温暖化の影響なのでしょうか。

そのように考えるともう少しエコな生

実行していきたいと思います。

 

さてそのような中

「東進では誰がどんな風に

見てくれるのか」

という質問が来た(気がする)ので

その質問にお答えしていこうと思います!!

 

結論からここに書くと

東進では

「担任」

「担任助手」

と呼ばれる

二人で一人の生徒を見る方法を採用しています。

 

※最初の自己紹介の「担任助手」が強調されていることに

引っかかった方はさすがです!!

 

それぞれの役割を下に記すと

 

「担任」

“生徒や保護者様と面談をしていく中で

授業の受けるペースなどを一人一人決定する立場”

 

「担任助手」

“生徒を担任のいわば副担任的な形で受け持ち

担任と決めた授業のペースなどを週1回の

グループミーティングで確認する立場”

 

となっています。

 

東進は皆さんがご存知の通り

映像授業を採用しているので

「教えるのは先生、計画管理は2人の仕事」

というような形で基本的には分かれています

 

なのでもし東進に入塾された際には

「担任」「担任助手」

1人ずつ担当としてついて

指導させていただきます。

 

もし詳しく気になる方いらっしゃいしたら

お気軽に校舎までご連絡お待ちしております。

 

以上となりますが

最後までご覧頂きまして誠にありがとうございます。

 

また明日のブログを

お楽しみに!!