数学の参考書のレベル合ってますか? ver中野 | 東進ハイスクール 自由が丘校 大学受験の予備校・塾|東京都 東進ハイスクール自由が丘校|東京都

ブログ

2021年 11月 18日 数学の参考書のレベル合ってますか? ver中野

 

みなさんこんにちは!!

担任助手2年の中野です!

 

さて、今回のテーマは

「数学の参考書」についてです

 

とはいっても数学の参考書の種類や

紹介をするわけではありません!!

 

実は数学の参考書は

レベルが合っていることが

1番重要なのです!

 

①レベルが合っているとは

数学においてのレベル、英語に比べて

難しいと思います

これは一般的に言われている指標なので

参考程度にして欲しいのですが

数学の問題集で、自力で解いて半分以上

解けないものはやらない方が良いでしょう!

 

それには理由があります!

 

数学は自分で解答を作り上げる教科です

公式や典型型など、自分が今持っている武器を

どう問題に応用するのかが

分からないと演習の土俵にすら立っていないのです

 

自力で解いて、半分以上分からない参考書は

自分のレベルから逸脱してる可能性が

高いです!!

 

 

②丁度いいレベルとは

では気になるのは丁度いいレベルですよね!!

それは、半分以上は自力で解けるが、

残りは解けそうで解けない

これぐらいが1番丁度いいです

 

「解けそうで解けない」

 

これが重要なキーワードです

何を使うのか、武器は分かるがその応用の方法

が分からない

方針は立つが答案作成が出来ない

などなどの問題があると

演習の効果が非常に大きいです!!