1月 | 2020 | 東進ハイスクール自由が丘校|東京都

ブログ 2020年01月の記事一覧

2020年 1月 28日 まだまだ点数は伸びる!! ver.吉田

こんにちは。

今月2回目の登場、担任助手1年の吉田です。

ぼちぼち私大の入試が始まってきましたね。

体調管理に気をつけて全力で臨んでください!!

ちなみに個人的には大学のテストが昨日終わりました。

これから新学期まで長い春休みです。

去年受験生だったのに。。。

1年ってあっという間ですね。

 

ところで新高3.2.1生はセンター同日から

一週間ほど経ちましたね。

復習などはしっかりできていますか?

これからの新高3生にとってはこれからの

1年は本当に大事になってきます。

 

高2の間怠けてしまって後悔しているそこの君!!

これを機にスイッチ入れませんか?

まだまだ間に合います!

 

1年後の自分がどうなっているかは

今変われるかにかかっています!

 

ぜひ今日このブログを読み終えた瞬間から

変わりませんか?

 

担任助手一同全力でサポートしていきます!

一緒に頑張りましょう!!!

 

最後に受験生!!

入試の瞬間までできることを

1つ1つ着実にこなしていきましょう!

 

明日のブログは山田担任助手です。

お楽しみに!!!!

 

2020年 1月 27日 高速基礎マスターの大切さver.芳賀

みなさんこんにちは!

担任助手の芳賀です!(^^)!

センター試験も終わり、

高3生はそれぞれ思うこともあると思いますが、

引きずるほどもったいないことはありません。

第一志望に向けて引き続き頑張れ!

あと少し!!

一方、新高2,3生は

初の共通テスト、どうでしたか??

難しいと思っている人がほとんどだと思いますが、

その理由は「基礎が固まっていないから」です。

そこで、、、!

今回は皆さんに

東進の「高速基礎マスター

というものをご紹介したいと思います。

簡単に言うと、

「知識」と「トレーニング」の両面から

効率的に短期間で基礎学力を

徹底的に身につけるためのもの。

具体的には、

センター英単語カバー率99%の

”英単語1800”

というものだったり、

英文法750

や例文もあります!

さらになんと、、

上級編や、学部別英単語もあるため、

2次もある程度カバーしてくれます!

しかも!!

それがなんと

スマホからできちゃうんです。

これは部活生にとって

とってもありがたいシステムです。

実際に私も利用していましたが、

隙間時間に毎日できるので

とても便利です!!

また、今ご紹介した中の

英文法750”というのは

実はとても大切で、

下の図にもあるように、、、

 

 

高1までに完全修得するのと、

高3までに完全修得するのでは、

最終的なセンター試験の結果が

最低でも30点以上差ができてしまうんです!!

さすがに、わかっていただけますよね??

ということで皆さん、

明日からと言わず、

今からやりましょう!

 

明日は吉田担任助手です!

お楽しみに!!

 

 


 

新年度特別招待講習

お申込み受付が始まりました!!

 

90分×5コマの授業を

最大講座受けることができます!

 

さらに高速基礎マスター講座

英単語の学習もできます!!

 

しかもこれらに全部

無料招待!!

 

新年度、東進で一緒に

受験のスタートを切りましょう!

 

みなさんのお申込みを

スタッフ一同お待ちしております!

 

お申込みはこちらから!!

↓  ↓  ↓  ↓  ↓

 

 

 


 

 

2020年 1月 26日 同日の復習法 ver. 佐久間

 

こんにちは!

担任助手1年の佐久間です

 

1月も下旬に入り、寒さもひときわ厳しくなりましたね。

寒いと免疫機能が低下して風邪をひきやすくなります。

くれぐれも体調には気をつけましょう。

 

新型のコロナウイルスが猛威を振るっていますが、

インフルエンザなどの場合と

同じような対策で十分効果があるようです。

手洗いやうがい、

喉の乾燥防止など基本的な予防が

大切だということですね。

 

さて、今日の題である

「同日の復習法」

でも大切なのは

“基本”!

復習の基本である

『答え合わせ➡解説を読む➡解き直し』

のサイクルができているでしょうか?

模試を受けることの目的の一つには

「自分の弱点を明らかにすること」

も含まれています。

現在高校1・2年生の皆さんには

同日模試の問題は

大変難しかったことと思います。

復習のために数多の自分の間違いを

確認する作業は

苦行にも思えるかもしれません。

 

しかし、

今回の模試で浮き彫りになった自分の弱点を

そのままにしておくということは、

目の前にぶら下がっている好機を

逃すことに他なりません。

だから、

答え合わせだけで終わらせるのではもったいない!

是非解説を読み、解き直しをして、

2度同じ間違いをしないようにしていきましょう!

 

明日は芳賀担任助手の更新です!

芳賀さんの語る高マスの良さとは…?

乞うご期待です!

 

 


 

新年度特別招待講習

お申込み受付が始まりました!!

 

90分×5コマの授業を

最大講座受けることができます!

 

さらに高速基礎マスター講座

英単語の学習もできます!!

 

しかもこれらに全部

無料招待!!

 

新年度、東進で一緒に

受験のスタートを切りましょう!

 

みなさんのお申込みを

スタッフ一同お待ちしております!

 

お申込みはこちらから!!

↓  ↓  ↓  ↓  ↓

 

 

 


 

 

2020年 1月 25日 国立2次試験に向けて ver.岡田


ど~も~岡田大和と申します

 

いよいよ睦月ももう少しで

終わりを迎える今日

 

実は国立二次まで

あと一か月なんですよねぇ。

 

しかしその日までの間の時間を

全て国立二次試験の対策に

割けるかというと

そうではない人が

多数なのではないかと思います。

 

人によるとも思いますが、

滑り止めの私立の受験日が

二月の頭から始まる方は

その対策を第一にすべきでしょうし、

センターの出来によって

どこを受けるかなど変わった方も

いらっしゃることでしょう。

 

なので大体の方は残された時間は

非常に短いことを意識すべきですね。

ここにきて口うるさく十年分やれやれと

言われてきた意味を痛感された方も

いらっしゃるのではないかと思います。

まあまさに僕自身がそうだったのでねw

 

 

あくまで自論ですが

結局この時期一番やるべきことは

直近に受ける私立の過去問及び対策だと思います。

 

なぜなら基本的に二次で使う科目

私大で使う科目はほぼ同じだと思うからです。

結局やる問題の型は多少異なれど内容が同じなら

二次対策にも有意義な演習になるうえ、

その私大が合格しそうorしたなら、

バックがあると思って国立に臨めるからです。

大学受験全勝できるように頑張ってください!

明日は佐久間担任助手です

 

 


 

 

 

新年度特別招待講習

お申込み受付が始まりました!!

 

90分×5コマの授業を

最大講座受けることができます!

 

さらに高速基礎マスター講座

英単語の学習もできます!!

 

しかもこれらに全部

無料招待!!

 

新年度、東進で一緒に

受験のスタートを切りましょう!

 

みなさんのお申込みを

スタッフ一同お待ちしております!

 

お申込みはこちらから!!

↓  ↓  ↓  ↓  ↓

 

 

 


 

 

2020年 1月 24日 1年前このころしていたこと ver.野田

こんにちは。早稲田大学法学部一年の野田理央です。

季節はすぎ、2020年になりました。

僕は正月早々インフルにかかりました。

皆さん気を付けてくださいね。

 

 

今回話すのは、1年前この時期にやっていたことです。

センターが終わり、ついに始まった受験本番

これ、まず一番重要なのは”切り替え”です。

 

 

この”切り替え”

正直勉強全般における真理みたいなものです。

今まで勉強しても成果が出ないといった人、

勉強に手がつかないという人、

僕の見たところ往々にして、この”切り替え”が

できていない人たちです。

 

 

人間が同時に複数のことをやるキャパには限界があります。

そしてそのキャパには個人差もあります。

キャパが大きい人なら結局こなせてしまうので問題はないですが、

人によってはマジでマルチタスクができない人もいます。

僕なんかまさにそういう人間です。所詮は私文って話です。

 

そういう人が、例えば東進が合宿で勧めてるみたいに

飯食う時も勉強‼」「常に何かしながら勉強‼

みたいな宗教的煽り文句に盲従してながら勉強をしたところで、

いずれも中途半端にしか身が入らず、

時間を有効に使えないまま終わるだけです。

 

この”日々の勉強”という場合でいう”切り替え”は、

時間を決めて、「この時間で飯」「この時間は勉強」と

メリハリをつけ、効果的に時間を使い、

一つのことに集中する時間を工夫して最大限に捻出することです。

 

 

センター前に実践すべき”切り替え”

センター用の対策・自己採点結果・受け終わった感etc.からの

二次試験・一般入試対策への切り替えです。

たしかに人が大勢受ける人生初の試験。

緊張はするし、そのための努力も相当なものだったと思います。

そこは否定しません。

 

ただ難関大を受けるというみんなは、

第一志望校がセンター単独で決まることはまず無いと思います。

センターが終わったところで、

受験で受ける試験の中で一番簡単な試験が終わったにすぎません。

まだまだはるかに難しい試験がいくつも待っています。

 

 

たとえるなら、難関大の二次・一般入試は十二鬼月上弦です。

センターは最終選別の雑魚鬼です。

雑魚鬼倒して燃え尽きてる場合じゃないんです。

気持ちを切り替え最後までやり抜いて、立派な柱になって下さい。

この話が分からない人は別に気にしないでください。

 

 

センターが終わったら、まず自己採点をして、結果に応じて出願の見直しをしましょう。

それが終わったらもうセンター試験は二度とありません

完全に頭の中から消し去りましょう。

 

そして二次・一般対策です。

僕は去年1月~2月初旬の本番ギリギリまで、

ずっと一般入試の過去問を解き続けました。

本番に一番物を言うのが、直前期含めた対策の絶対量です。

本番は、今まで何十年分とやってきた練習の中の

ベストな答案の「再現」です。

 

本番に再現できる答案を目指して、

センターうけた翌日からでも校舎に来て

最後の最後まで対策に励んでください。

明日はやまとです。