10月 | 2018 | 東進ハイスクール自由が丘校|東京都

ブログ 2018年10月の記事一覧

2018年 10月 31日 80日後には…? ver.藤井

 

HAPPY HALLOWEEN!

 

立教大学経営学部

担任助手1年の

藤井沙英子です!

 

題名にある…の続き分かりましたか?

分からないと困ります!

 

そうです!

センター試験です!

 

あと80日後にはあの何度も演習を繰り返し

模試を受けた、

センター試験はついに終わりです

 

国立の人はこの80日後で

最初の結果が決まります

 

想像してみてください

 

80日後あなたは後悔なく

センター試験を受け終わることができますか?

 

できると思った人は自分を信じて自分のペースでいきましょう

 

できないかも、、と不安になった人は

模試後面談で担任助手の人に相談したり、

自分の勉強方法がこのままでいいのか、

ペースはこのままでいいのか

もう一度自分と見つめ合いましょう

 

 

全国統一高校生テストも終わり、

残すセンターレベル模試は12月の一回となりました

 

全国統一高校生テストの結果を受けて

志望校をもう一度考えたり

受験校を詳しく決定する人も多いのではないでしょうか

 

80日というのは

あと80日しかないと捉える一方で

まだ80日あるとも考えられます

 

現役生は最後まで伸びます

ここで萎えたり、不安になっているのであれば

その気持ちは勉強でしか

消せません!

 

あと2ヶ月

あと80日

無駄な時間を作らず

受験への準備をしましょう!

 

 


2018年 10月 30日 11月は超大切!ver村山

皆さんこんにちは、

担任助手一年、村山です!

 

最近寒くなってきましたね!

 

個人的には寒い日に布団にはいって

グダグダするのが好きなので

冬は大好きです。

 

あ、皆さんはグダグダしてはだめですよ!!笑

 

これから始まる11月って

 

受験生はもちろん1、2年生にとっても

すっごい大切な時期なんです!

 

なぜかというと、11月に入るとあることが

あと2か月に迫ってきます。

 

それは何か、、

 

もちろんセンター同日試験ですね!!

 

センター同日試験で目標の点数を取れるかどうかは

第一志望合格にかかわってきます!

それを表すグラフがこちらです↓

 

センター同日試験の大切さはデータでも示されているんですね!

 

センター同日で目標点数を取るために

自分の苦手なところを強化していくのに残された時間は少ないです。

 

この11月、大切に使っていきましょう!

 

次は藤井担任助手です!




2018年 10月 29日 全国統一高校生テストで成績up!! ver土居

 

 

こんにちは!担任助手の土居です!

センター本番まで90日もない

という事実をどうとらえますか??

まだ90日なのか

もう90日なのか

人それぞれだと思います。

 

受験生なら、過去問を解きまくってる

ころではないでしょうか?

低学年なら、同日に向けての目標が

現実的になり始めて多少なりとも

焦りが生じているころかもしれません。

 

そんなころ、受験生たちの高ぶった神経を

刺激するかの如く現れるのが

全国統一高校生テスト

ではないでしょうか。

 

全国統一高校生テストは3つの大きな特徴があります

①無料(タダ)であり、全国規模

②偏差値のみならず、成績を伸ばすために必要な勉強法がわかる

③成績優秀者には決勝大会、米国留学支援制度

 

今回は②について話していきます

 

東進が実施する全国統一高校生テストは2018年度から

6月と8月の2回実施になりました!

 

前回受験された方はご存知だと思いますが、

非常に細かい成績帳票が返ってきます!

これは模試を成績を知るだけでなく、

成績を伸ばすための機会

として活用しているからです!

自分に足りてない科目は?どこから手をつけるのか?

漠然と悩んでいても答えは出ません!

ぜひ活用して成績を伸ばしてください!

 

また、東進の講師による解説授業

も受けることができます

出題の傾向、狙いなどをプロの視点

からの解説授業になっています!

 

模試の成績に一喜一憂するだけか、

模試で成績を伸ばすかはあなた次第です!!

 

 

次回は村山先生!

 

 

 

 

 

2018年 10月 27日 模試に向け覚えておくべき教訓 by 新谷


 

こんにちは!

担任助手2年の新谷千尋です。

 

もうすでにヒートテックを着始めてしまいました。

新谷は今年の冬を乗り切ることができるのか

乞うご期待!

 

とかいうどうでもいい話はさておき、

 

明日は何の日でしょう?!

お誕生日の人がいればおめでとうございます。(笑)

 

そうです!

“全国統一高校生テスト”

です!

 

みなさん、明日力を発揮するために

準備はできているでしょうか?

 

 

今日は模試前日にすべきこと

についてお話ししたいと思います♪

 

 

其の一

新しい知識を得ようとするのではなく

覚えてきたことを徹底的に復習する

 

模試当日に一番嫌なのが、

「あ~これやったことある!

でもなんだっけ?」

となることです。

 

そうならないためにも復習を徹底しましょう!

 

 

其の二

今までに間違えたことのある

問題の復習をする

 

人間、一度間違えたものは

忘れていればまた間違えてしまうものです。

 

余計なミスによる減点がないよう、

一度間違えた問題は二度と間違えないようにしたいですね。

 

其の三

会場についてからの時間の使い方を

明確にしておく

 

本番もそうですが、

休み時間をどう過ごすか重要です。

 

テキストを見返すとか、糖分補給しておくとか

試験時間以外のことも考えておきましょう。

 

 

自分の実力を最大限発揮するためにも

模試前日も大事に過ごしてください😊

 

 

次は土居担任助手です。


 

 

 

2018年 10月 26日 過去問演習ってどのくらいのペース? By西山

 

こんにちは!

慶應義塾大学法学部法律学科

1年の西山真由です。

 

10月も終わりが近づいてきました。

明後日は、全国統一高校生テストです!

皆さんの日頃の勉強の成果を発揮する時がきましたね♪

 

今日のブログのテーマは、

過去問演習のペースです。

 

受験生の皆さんは

もうすでに過去問演習に取り組み始めた人が

多いと思います。

過去問演習をしていく中で、

「どのくらいやれば良いの?」

「何周ぐらい解くの?」

などなど

様々な疑問が湧いてきている頃ではないでしょうか?

 

その中でも、

どのぐらいのペースで進めていくのかについて

ここではお話したいと思います。

 

私のオススメは、

「1週間に1年分」です。

これは、解くだけではなく、

復習も含めたペースです。

 

実際に私は受験生の頃、

9月の2週目頃から過去問演習を週1回のペースで始めて、

11月中には1周目が全て終わりました。

私の場合、国立文系で、英数国世がそれぞれ120分程、

受験時間がある大学だったので、結構時間がかかってしまいました…

もっと早いペースで進めることができるのであれば、

どんどん進めていって大丈夫です!

その際、

受講や他の勉強にも時間がかかると思うので、

計画はあまり詰めすぎずに組みましょう!

 

私の進めるペースは1つの例なので、

いろいろな担任助手に聞いてみて、

自分の状況に合うペースを見つけてください!

その他、過去問演習のことでも何でも良いので

気になることは担任助手にどんどん相談してください!!

お待ちしています。

 

明日の担当は、

新谷担任助手です。

>