To be, or not to be | 東進ハイスクール自由が丘校|東京都

ブログ

2013年 8月 1日 To be, or not to be

生か、死か、それが疑問だ。

おはようございます、担任助手の下田です。

今日は朝ですが、暗い悲劇を紹介したいと思います!

『ハムレット』です!!!

私は舞台を観てハムレットに出会い、魅せられ、受験期真っただ中であるにも関わらず原作を一気に読み(笑)、

1学期、大学でハムレットについて学びました!

フィクションではありますが、私にとって非常に影響力のあった本なので紹介させていただきます!

 

この本の題名を知らない人はいないと思いますし、復讐劇だということも多くの方がご存じだと思いますが

意外と原作を読んだことがある人は少ないのでは!!??

この物語の最大の魅力は、ハムレットの内面です。

彼の行動は不条理で、心情もとても説明しがたいのですが、

1人の青年が悩み、苦しみ、もがき、死ぬまでの姿は

私たち現代人にも共通するところがとてもあります!

だから400年間世界中で愛され続けているんでしょうね☆

そしてシェイクスピアの表現は美しいというのも魅力です♪

 

勉強も佳境に入り、全部読むのは大変な本だと思います。

なにせ、このハムレット、とにかくよくしゃべる(笑)独り言が長い!!

ですが、ぜひぜひ死ぬまでに一度、いつか読んでみてください!映画や舞台で親しんでみてください!

 

次回は砂川担任助手の読書紹介です!!!お楽しみに☆