帰国から見た受験ver. 村崎 | 東進ハイスクール自由が丘校|東京都

ブログ

2016年 9月 9日 帰国から見た受験ver. 村崎

Hello everyone!! My name is Haruka Murasaki, a freshman at Sophia University.

みなさんこんにちは!!学校が始まってそろそろ生活リズムが安定してきた頃だと思います。秋は行事がいっぱいですが、勉強としっかり両立していきましょうね。

 

早速英語でブログを始めさせて頂きましたが、今日は帰国生の私がどのように対策をして入試を受けたのかを紹介したいと思います。

 

私は4歳から小学校3年生まで約5年間アメリカに住んでいました。学校は現地の学校に通っていて、週2で放課後に日本語の学校に通っていました。家でも英語で話すことが多く、よく母親に「日本語で話しなさい!」と怒られるという、今ではありえない会話が家で繰り広げられていました。

 

帰国してからはせっかく身に着けた英語を維持するのが大変でした…

リスニングの力は残ったのですが、話す力が落ちてしまったので近くの英会話塾に週1回通っていました。

 

さて、英語の受験勉強ですが、センターは平均毎回190点とることができて、リスニングは毎回ほぼ満点だったのでよく友達に「いいなー!」と羨ましがられていましたが、帰国生だからといってその点数を維持するのは難しかったです。

 

全ての単語を知っているわけではないし、帰国生によくある話ですが、とにかく文法ができないのが悩みでした。

単語はとにかく単語王を使って勉強しました!単語はたくさん覚えて損はないので単語王を何周もして覚えました。

 

 

そして一番苦手だった文法は同じ帰国生だった友達が帰国生がよく活用している文法書を紹介してくれました!

それが「英文法ファイナル問題集」です!!

これはすごい活用しました!レベルは少し高いのですが、文法の総合問題集として使っていました。

 

そして一番大切な事は自分のレベルにあった授業をうけて勉強することです。

東進では自分のレベルにあった授業を探すことができます。基礎からしっかり学ぶこともできますし、上級の自分の学力を伸ばすことができる授業を取ることもできます。

私はたくさんの講座の中からスタッフの方と相談して上級の自分にあった授業を受けることができました!皆さんも自分のレベルにあった授業を受けて学力を伸ばしていきましょう!!

 

帰国生は英語ができて当たり前というイメージがありますが、単語や文法などしっかり対策をしないと安定して点数をとることが難しいのです!!

私は単語王と英文法ファイナルを使って英語の基礎を完璧にしました。帰国生じゃない人だけでなく帰国生もしっかり基礎を固めて安定して高得点をとれるように頑張りましょう!

 

今日は私が英語をどのように対策したのかを紹介させて頂きました!

 

明日は立道さんです♪