2次過去問の復習方法 ver大隈 | 東進ハイスクール自由が丘校|東京都

ブログ

2020年 9月 11日 2次過去問の復習方法 ver大隈

こんにちは!

担任助手一年の大隈です!

 

受験生の皆さん、二次過去問は進んでいるでしょうか??

第一志望校に合格するためには

過去問の演習がとてつもなく重要だということは

皆さんわかっていることだと思います

しかし!!

過去問を解いたからといって力がつくわけではありません。

復習・分析までが過去問演習です。

 

というわけで、ここからはおすすめの過去問復習方法をお伝えします!

私が実践していた復習は大きく分けて3ステップです。

 

①目標点と何点離れているかを確認します。

②間違えた問題を、取るべきだったもの・取れた方がいいもの・取れなくてもいいものに分類します。

③取るべきだったものから復習します。

 

二次試験では、全ての問題に正解する必要はありません。

合格最低点より高い点数をとれれば合格できるので

取るべき問題をしっかり取ることが重要になってきます。

そのため、

多くの受験生が解ける問題・自分が得点源にしたい問題など

優先度の高いものを重点的に復習するのがポイントだと思います。

 

二つ目のポイントは、記述問題がある場合、解答を作り直すことです。

解答や解説を読んで、自分の解答に何が足りなかったのかを考えてから

これなら満点がもらえるだろうという解答をもう一度書いてみると、

記述力がつくと思います。

 

過去問を解いた後は、分析も忘れずに!!!

 

次回は高山担任助手です

お楽しみに~!