高速基礎マスターの話 by土居 | 東進ハイスクール自由が丘校|東京都

ブログ

2018年 11月 14日 高速基礎マスターの話 by土居

 

センター試験までもう、70日ありませんねー。

受験生にとっても、新受験生にとっても

センター試験の英語の点数、気になりますね?

10月に実施した、全国統一高校生テストの結果が

返ってきて、目標とのギャップがありませんでしたか?

 

申し遅れました。担任助手の土居です!

生徒の英語の成績について面談をしていてよくある会話です

生徒「なんか長文でミスするんすよ~」

担任助手「ミスって?」

生徒「あとから見ると、“読み間違い”に気が付くんですよ」

 

読み間違い???

 

試験を解くために問題を解くなら

「attitude」

を見て、

「アティチュードか、なんだっけ、あ、姿勢・態度か!」

とやっていては、時間は足りませんし、前の文章は忘れちゃいますよね?

そんな状態で問題を解けば、“読み間違い”も起き、

後で見直すと何故か解けるという怪奇現象が起きてしまうのです。

 

その対策は、

英単語一つひとつを、語源であるギリシャ語から遡って

本質を理解する!

のも大事ですが、、、、

 

繰り返し覚えること

これが、王道かつ正攻法です!

東進の高速基礎マスター講座は、

英単語、熟語、文法の理解よりも

暗記、定着に重きを置いて学習します。

野球に例えるなら、

素振りを繰り返しことで、意識しなくても

自分のフォームでバットが出ますよね?

 

一問にかかる時間は数秒程度、素振りとほぼ同じです。

低学年なら、毎日1000回

を目安に演習しましょう!!!

(受験生は過去問演習との兼合いを見て、

時間をうまく使って活用してくださいね!!)

毎日1000本素振りをしている高校球児の

バッティングを想像してください。

 

ぜひ、入試本番で豪快なホームランを打とうではありませんか!!

次回は山本先生!