青山学院大学 文学部 史学科 ver.高橋 | 東進ハイスクール自由が丘校|東京都

ブログ

2014年 5月 20日 青山学院大学 文学部 史学科 ver.高橋

みなさんこんにちは!新学年になって、勉強がより本格化してきて楽しい高橋です!

 

そんな史学科でやっていることについて、書きたいと思います。

 

史学科はその名の通り、歴史を勉強する学科です。

 

私は日本史専攻なので、そのへんの話をしたいと思います。

 

史学科の中での専門科目というと、、、そうですね。

 

まず、くずし字を読めるようにならなければなりません。

 

くずし字とは、こんな感じのです↓

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

読めそうで、、読めない、、、

 

ちなみにこれは農商務と読みます。

 

ああ、言われてみれば、なんとなく、、、って感じですか?

 

こういうのを読み解きながら、既存の研究との矛盾を見つけたり新たな発見をしてしていきます。

 

え?分かりにくいって?

 

そうですねえ

 

たとえば!

 

私のゼミで去年やっていたことを話します。

 

まず、絵巻物を2つ用意して見比べます。

 

専攻研究によると同じ状況を描いてるのに、一方には書かれていない人がいたとしたら、それはなぜ?

というかそもそも誰?もしかしてこれは同じ状況ではなく、違う場所?

 

などなど多くの疑問が出てくるので、それについてひたすら調べます。

 

その際にくずし字の文献も参考にします。

 

ちなみに私は地獄について調べました。

 

(趣味どうなってるの!?って声が聞こえますが)

もし興味があれば聞いてくださいね(笑)

 

ほかにも、私のゼミは校外学習が多いのも魅力です。

 

実際に歴史に関係のある場所に行ってお寺や神社を見学したりします。

 

この間は逗子に行ってお寺を見に行きました。

 

というか、山の上にあるお寺だったので山登りをしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また、浅草で三社祭という大きなテレビでも中継される

有名なお祭りがあるのですが、それも見に行きました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

11月には研修旅行という行事があり、

大分県にある姫島という島に行って、自分の研究に役立つことを学びに行く予定です。

 

↑もちろん授業の一環なので、これに行かないと卒業できません。

 

 

史学科って学校を飛び出して、外に行って実際の物に行くことも多いです。

 

でも、机に向かう地道な作業(くずし字を読んだり、絵巻を比べたり)も多いです。

 

 

でも覚えることが多いというより、自分でその時代の人たちの

気持ちになって、なんでこうなったのか、と考えるということを多くします。

 

発想が重要になる科目だと思います。

 

皆さんが高校でやっているような歴史と大学の歴史は、一味も二味も違います!

 

覚えるの嫌い~という人も、大河ドラマや絵は見るのが好き~なんて人は

一度史学科について、興味を持ってみてください(*’▽’)

 

以上で私のブログを終わります。

 

高橋