過去問演習共通テスト対策編とは? ver.野田 | 東進ハイスクール自由が丘校|東京都

ブログ

2020年 4月 17日 過去問演習共通テスト対策編とは? ver.野田

こんにちは。東進担任助手の野田です。

昨日緊急事態宣言が全国に拡大され、

学校や塾、予備校もなくなってしまいました。

ちなみに大学も開始は延期、授業も当面オンラインになります。

皆さんは東進の自宅受講などのシステムを十分に活用して、

引きこもり期間中もしっかり学習を進めてください。

 

今日は、東進のとても有用なコンテンツの一つ、

過去問演習講座共通テスト対策編を掃海したいと思います。

 

東進は過去問10年分の演習を最低限やるべきノルマとしています。

そして、その演習をやるためのツールが、過去問演習講座です。

 

この共通テスト対策、今年初めて実装されます。

鋭い人なら気づくと思いますが、

過去一度も実施されてない共通テストに

過去問なんてものはありません

 

なので、この演習講座は、

センターの過去問がベースになっています。

ただ英語や国語など、

出題の形式がセンターと異なるものは、

共通テストの形式に準ずる形になります。

 

ここでこの講座の一番のアピールポイント。

おそらく受験生のみんなが一番気にしているのが

リスニングの対策だと思います。

 

この共通テスト対策講座では、リスニングの演習アプリがあり、

センターをメインとする様々なリスニングの対策が行えます。

 

英語は異国の言語なので、

英語圏に住む日本人の僕たちは、

あまり日常的に何を言っているか意識して

聞くことはありません。

 

しかし言語は日常的に使われないと

どんどん使えなくなっていきます。

なのでこのリスニング対策アプリで

毎日問題を解いて

英語が聞ける耳を、聞いた英語を理解できる脳を

育てていっちまおうっていう話です。

 

現在世界でも日本国内でも、

日ごとにコロナウイルスの感染者が増していっています。

多くの専門家はこのパンデミックはおそらく1年、

長くて2~3年かかると言っています。

 

このまま年単位で流行が続けば、

来年、再来年、その先の共通テストも

予定通り開催されるかはわかりません。

 

だからこそ、受験生のみんなは、

この先の見えない状況下ですが、

しっかり今のうちに勉強をして、

今できることを積み重ねていきましょう。

 

今はしっかり家にいて、

手洗い、うがい、規則正しい生活を心がけましょう。

生活が崩れると免疫が崩れます。

今現在ワクチン、治療薬はないので

自分の免疫だけが頼りです。

体調第一で頑張ってください。#Stayhome

 

明日の担当は岡田担任助手です。