過去問演習ってどのくらいのペース? By西山 | 東進ハイスクール自由が丘校|東京都

ブログ

2018年 10月 26日 過去問演習ってどのくらいのペース? By西山

 

こんにちは!

慶應義塾大学法学部法律学科

1年の西山真由です。

 

10月も終わりが近づいてきました。

明後日は、全国統一高校生テストです!

皆さんの日頃の勉強の成果を発揮する時がきましたね♪

 

今日のブログのテーマは、

過去問演習のペースです。

 

受験生の皆さんは

もうすでに過去問演習に取り組み始めた人が

多いと思います。

過去問演習をしていく中で、

「どのくらいやれば良いの?」

「何周ぐらい解くの?」

などなど

様々な疑問が湧いてきている頃ではないでしょうか?

 

その中でも、

どのぐらいのペースで進めていくのかについて

ここではお話したいと思います。

 

私のオススメは、

「1週間に1年分」です。

これは、解くだけではなく、

復習も含めたペースです。

 

実際に私は受験生の頃、

9月の2週目頃から過去問演習を週1回のペースで始めて、

11月中には1周目が全て終わりました。

私の場合、国立文系で、英数国世がそれぞれ120分程、

受験時間がある大学だったので、結構時間がかかってしまいました…

もっと早いペースで進めることができるのであれば、

どんどん進めていって大丈夫です!

その際、

受講や他の勉強にも時間がかかると思うので、

計画はあまり詰めすぎずに組みましょう!

 

私の進めるペースは1つの例なので、

いろいろな担任助手に聞いてみて、

自分の状況に合うペースを見つけてください!

その他、過去問演習のことでも何でも良いので

気になることは担任助手にどんどん相談してください!!

お待ちしています。

 

明日の担当は、

新谷担任助手です。

>