過去問挑戦会に参加しよう ver.野田 | 東進ハイスクール自由が丘校|東京都

ブログ

2019年 12月 11日 過去問挑戦会に参加しよう ver.野田

こんにちは。早稲田大学法学部一年

スペイン語選択1Sクラスの野田です。

今日は告知です。宣伝です。

本日紹介するのは過去問挑戦会です。

悪いようにはしないのでぜひ参加してください。

 

過去問挑戦会とは!

毎週曜日に開催している

みんなで過去問を持ち寄って解く会です。

 

皆さん過去問は終わってますか?

こちらの調べでは、現在過去問演習講座を取っている100名強の生徒のうち、

10年分終わっている生徒は15人にも満たないことが分かっています。

 

まず皆さん本番までどのくらい時間が残されてるかわかってますか?

大体私立の難関大が2月中旬から始まるので、

今は本番まであと2か月ほどという計算になります。

ちなみに1月は、国公立の人を中心にセンター対策に追われるので、

実質二次私大の対策に使える時間は1か月ちょいくらいですね。

またこれは併願校の対策は一切しないと仮定した上での計算です。

 

ちょっとオチが見えないのでこの話はここまでにしますが、つまり何が言いたいかと言うと

もう時間がないという事です。

今まで自分のペースで、自分の計画があると言ってきた人もいました。

しかし現時点で10年終わってない人に関して

はっきり言うと、その計画では受験に間に合いません

昨年受かった人は、どんなに遅くとも12月、早くて9月10月には

10年分を終え、この時期は併願校や2周目3周目に取り組んでいました。

 

今現在過去問が10年分終わってない人は、

おそらく講座をとったタイミングは他とは変わらないはずです。

学力が及ばない長いこと問題を解き続けるのがしんどいといったのが

演習が滞った主な理由でしょう。

しかしこれらの理由はこの時期言い訳になりません

本番でも同じこといって問題解かないつもりですか?っていう話です。

 

とにかく現時点で過去問10年分終わってない人、

過去問演習会に出ましょう。

このまま年を越せば本当に手遅れになります。

東進では譲歩に譲歩を重ねて、12/20過去問10年分のデッドラインとしました。

皆さんはまず過去問演習会に出て、過去問10年ほんとに終わらせましょう。

 

また12/21から東進では冬休み時間割に入ります。

そこで冬休み中、毎日朝8:30から過去問演習会を実施します。

(千題テスト等によりない日もあります)

併願校対策2周目にぜひお役立てください!

 

今日のブログはここまでになります。

明日の担当は岡田さんです。

お楽しみに!