過去問復習の仕方(社会)ver野村 | 東進ハイスクール自由が丘校|東京都

ブログ

2016年 12月 7日 過去問復習の仕方(社会)ver野村

 どうもどうもどうもどうも~~~~~~~~~!!!!!

立教大学経済学部会計学科の担任助手1年野村駿斗ですっ(^^)

いや~もう12月に突入しましたねー

2016年ももう終わりですねっ

自分も去年の今頃は模試で納得のいく結果が取れなかったり、残された時間の短さに本当に焦っ

ていました。

しかーーーーーーーーーーし!

まだ落ち込むのは早い!早い!!早すぎる!!!

受験を改めて僕は確信しましたっ

「受験生は最後の最後まで伸び続ける」ということを(☆。☆)

結果が出ている人はこの調子で油断しないで努力を続けていってください!

納得のいく結果が出ていなかったり、過去問の調子があまり良くない人もまだまだこれからで

す! 最後まで諦めずにっ

と、ここで1句!

「E判定

    努力の先に

         良い判定」

                      のむっちです(笑)

さてここで本題に入りましょう♪

自分は私立文系型だったのですが、皆さんは日本史や世界史などの社会科目の過去問の

復習はどうしていますか?

まさか間違えたところをそのままにはしてないですよね?

社会科目は莫大な量の単語や時代の流れなどを覚えなければならない科目…

間違えたところをその場で確認しただけではその時は覚えていてもいずれ忘れてしまいます。

そうならないためにも自分はこんな感じで一問一答や教科書にメモしていました。

↓  ↓  ↓

こうすることでいつでも確認することができ、反復することでより定着させることができる!

良いことしかないですね(^^)/

また、社会科目だけに言えることではないですが、繰り返し過去問を解く

とが大切ですよっ!

同じ問題をやっても答え覚えてるし意味ないんじゃないか?って思う人がいるかもしれません

が、そう思ったあなた!!間違ってますよ!!!!!!

過去問を解く1つの意味としてその大学の出題傾向を知って慣れるということですっ

なので最低でも10年分!それが終わったら2周目を解いてみてください!

そして、自分の志望する大学の過去問のプロフェッショナルになるレベルまで極めてくださいっ

 

明日は、広田寧々担任助手です(^^)/

お楽しみに~~~~~