過去問を進めていく上でのやり方 ver本宮 | 東進ハイスクール自由が丘校|東京都

ブログ

2020年 9月 8日 過去問を進めていく上でのやり方 ver本宮

 

みなさんこんにちは!

担任助手3年目の本宮です

 

今回は過去問の計画立てについてお話ししようと思います。

 

みなさん夏休みも終わりこれからアウトプットの学習がメインとなっていきます。

その中で過去問をただやるだけではなくて意識して欲しいことがあります。

それは過去問1年分を1日で解き切る練習をすることです。

 

共通テスト・国公立大学の一部では2日間に分けて行う試験もありますが

個別試験のほとんどは1日で試験を行います。

まずは連続で問題を解き切る体力と集中力の訓練が必要です。

それに加えて1日で試験時間分の過去問を演習できる時間があれば

最短で10日で10年分の過去問が終わります。

もちろん復習は必要ですし、ただ過去問をやればいいというわけではないですが

今後の学習スケジュール立てが立てやすくなると思います。

 

校舎では過去問挑戦会という会を設定したりして行いました。

夏休みが終わった以降でも土日を有効活用して1日で解く訓練をしましょう。

残り約5ヶ月、頑張りましょう!