過去問の復習!!数学編 ver.広田 | 東進ハイスクール自由が丘校|東京都

ブログ

2016年 12月 3日 過去問の復習!!数学編 ver.広田

 

こんにちは、横浜国立大学大学院1年の広田です

そろそろ、2016年も終わりますね

やりのこしたことはありまずか?

後悔はないようにしていきましょう!!

 

さてさて、本日は過去問の復習の仕方について

紹介していきます

特に、数学ってどうやって復習すればいいの?」

となる人は多いと思うので是非参考にしてみてください

 

まず、前提として

過去問の復習は試験時間の2倍かかるといわれています(もちろん、やった年度の出来によるけども)

しかし、間違えた問題を全部復習しようとするのはナンセンスです

では、どのような問題を復習しどのような問題は復習を避けたほうがいいのでしょうか

 

答えは「解説の意味を理解できるか」です

解説を読んで意味が分からない→①試験中に思考に到達できるわけがない

              →②もともと悪問である

このため、復習は時間の無駄ってことになる可能性が高いです

 

じゃあ、放っておいていいのか?

もちろんよくありません

あくまで優先順位が低いだけです

自分で調べたり先生に聞いてみることも大事な勉強法です

ただ、特に数年間の過去問をやって「あ、この分野解説読んでてわからないことが多い」

となればその分野を基本から勉強しなおすべきでしょう

 

ってことで必ず過去問の各大問を分野ごとに分けて

記録していくことが必要です

 

解説を読んで理解できる問題は自分が次に進むべきステージです

しっかりと解法を身に付け他の問題に応用できるようにしましょう!!