私が担任助手になった理由~福井編~ | 東進ハイスクール自由が丘校|東京都

ブログ

2014年 1月 27日 私が担任助手になった理由~福井編~

こんにちは!!皆さんと同じく、長い戦いを「就活」という形で行っている福井です。

この前まで受験生だったはずなのに、、、と月日は早く過ぎたと感じます。が、後悔ではなく、やりたい勉強や活動を一生懸命やりすぎて時間がまだまだ足りない今日この頃です。

皆さんもセンター試験が良かった人も悪かった人も、これからが本当の勝負です。一番つらい時です。

「もう大丈夫」「きっと平気さ」「あと何日だ」といった考えは常に前進し続けることを妨げてしまうそうです。(脳科学的に)

だからこそ、私は大学生になってからや将来のことを見据えて意志を強く持って乗り切ってほしいです。(いつもうるさく言っている”Where there’s a will, there’s a way“というやつですね。笑)

 

さて本題へ、私が担任助手になったのには3つの大きなきっかけがあります。

①恩返し・社会貢献

自分が超短期間で成長できたのも東進のおかげだと思いました。世の中で勉強で悩んでいる人たちに東進を知ってもらい勉強の仕方が分かってもらえることは、社会に貢献することだし東進への恩返しにもつながると感ました。

②自分の将来ビジョンに役立つ

東進(株式会社ナガセ)という組織の中で働くことは、将来社会で働くことの練習や下準備に繋がるのではないかなと。私の担任助手や担任助手経験者の社会人の方から「本当に担任助手やっててよかった。」と充実感を語って頂き、「私も将来社会で活躍できるように東進でキャリアを積もうではないか!」と思いました。

③チャレンジ

「新しいことに挑戦したい!」私は高校生の時パン屋、ピザ屋、袋詰めとか製造のアルバイトなどをしていました。しかし、そこではあくまで「会社の手足」としてルーチーンワークで労働していました。担任助手は「自ら進んで新しいことに挑戦していける」。単に”担任助手”と言う新しい仕事だけではなくこれからも挑戦し続けられる。と感じました。

 

 

実は、仮登録書(10月くらいにだすやつ)を1カ月くらい迷いました。(笑)だって一秒惜しんで勉強しているのに、そんな将来のこと考える暇なかったんですもの。でもそんな時、どうして「今」私に考えて欲しいんだろう?なぜ今働いている人は担任助手になったんだろう?と考えました。

結局「過去」「現在」「未来」っていう軸で考えると、大切なのは

「未来」で何をするのか?から考えて意志を強く持って「現在」頑張る!という姿勢なのかなーと感じました。

 

ということで、またまとめるとやはり落ち着くのが、”意志あるところに道は開ける(みなさんもう英語は書けますね笑)”と言うことです。

別に担任助手になることがすべてではないと思いますが、とにかく”強い意志“しかも”合格」よりもっと「未来」に対する強い意志“を持って頑張って欲しいということでした。

心の底から、滝に打たれる修行僧のごとく、みんなの幸せを願っています。

福井穂香