社工の魅力とは? ver.小松原 | 東進ハイスクール自由が丘校|東京都

ブログ

2018年 10月 18日 社工の魅力とは? ver.小松原

 

 

 

みなさん、こんにちは!

早稲田大学創造理工学部

社会環境工学科3年の小松原です。

 

 

いよいよ来週末は全国統一高校生テストですね!!

 

準備は大丈夫でしょうか?

しっかり今までやってきたことを

全部出せるように頑張りましょう!!

 

 

 

 

今日は、自分が通っている早稲田大学

学部・学科について説明したいと思います!

 

 

 

今、自分は

早稲田大学・創造理工学部・社会環境工学科

に通っています。

 

 

名前が長くて一々言うのが大変なので、

学生は皆「社工」と呼んでいます。

(このブログのタイトルはここからきています。)

 

 

 

まず、学部から説明しておくと、

早稲田には3つの理工系学部があります。

基幹理工・創造理工・先進理工の3つです。

 

 

基幹は数学や電子、情報などを

創造は建築、機械、環境などを

先進は物理、化学、生命などを

メインとしています。

 

 

あまり明確には分かれていませんので、

早稲田理工に行きたいという人は

学部で決めるよりは

学科で決めた方が良いと思います。

 

 

これ以上、学部の説明をすると

大変なので、この辺で割愛させてもらいます。

 

 

 

 

それでは、自分が通う社工について説明します!!

 

 

まず、社工と聞いて

何をしているか分かる人は

ほとんどいないと思います。

 

 

一番分かりやすく言うと、

土木を専門に学ぶ学科です。

 

 

土木というと、縁遠い分野と

思われがちですが、

皆さんが学校に行くときに

使っている地下鉄などの鉄道

我々の分野の技術者が作っています。

 

「まちづくり」も我々の分野の人が

計画をして作られています。

 

 

まさに社会を工学の面で支える学問なので、

社会環境工学科と呼ばれているわけです。

 

裏方で目立たない学問ではあるけれども、

しっかりと社会を支えている、

これがこの学科の一番の魅力だと思います!

 

 

 

皆さんも、自分がどんなことをしたいのかを

考えて学部・学科を選んでくださいね!!

 

明日は佐々木担任助手です!!