模試を受けるうえで大切なことって?? | 東進ハイスクール自由が丘校|東京都

ブログ

2016年 8月 27日 模試を受けるうえで大切なことって??

 

 

 

自由が丘校担任助手の遠藤由久です。

8月も終盤に差し掛かり、もいよいよ終わりを迎えるにおいがしますね ~

世間では涼しい季節が始まりますが、受験生にとってはここから熱い戦いが始まります !(^^)!

さて、、、明日はセンター本番レベル模試」です!!

 

8月の本番レベル模試は1年間を通して、もっとも大事な模試の一つです。受験生の皆さんを夏休みを通して、センター試験の対策をしてきたと思いますが、ここはひとつのその節目となりますね!!

ちなみに、8月の模試から最終模試まではほんの2%しか伸びないそうです(+_+)

だからこそ!!

ここでみなさんの夏の集大成を発揮し、スムーズに秋から始まる志望校対策に移ることが大切ですね!

 

さて、今回は受験生の皆さんが良い結果を残すために大切なことを確認しておきましょう(^O^)/

自分が最高の結果が出せるコンディションで模試に臨むこと

これ!!みなさん忘れがちですが、とっても大切なことです!!

こういう人いませんか?普段の練習とかではたいして強くないのに、試合になったらメッチャ強い人・・・

こういうひとはいわゆる「本番に強い人」です。さらにいえば、こういう人たちは本番(試合)のときの精神状態がとてもいいんです。

みなさんには全員これになってもらいたいんです!だからこそ受験生のみんなは自分が緊張したほうがいい結果につながるのか、それともしないほうがいいのかなどをしっかり把握して一番集中できる状態を作る練習を模試で行っておきましょう!

だって、センター本番、「緊張して、頭飛んじゃった・・・」なんて親にいえないでしょ??(笑)

2:模試後の綿密な分析と対策立て

模試は自分で自分を診断する最高のツールです。

だからこそ模試を受けたらその結果をもとに綿密な分析をしてほしいです!

しかし、模試は 生もの ”です。日がたてば、自分の中で記憶が薄れていき、分析の効果が薄れてしまいます。なので、最低日以内にやりましょう!!

この分析をするのにおすすめなのはこの自己分析シートです。

 

 

 

 

 

 

このシートを用いることで、自分が①どこができなかったのか②なぜそれができなかったのか③どうやって改善していくのか④具体的な行動計画を立てることで今後の勉強の見通しを立てることが可能となり、スムーズに志望校対策に移ることができます。

特に、②のステップは問題点具体化の過程であり、自分にとってなにが欠けているのかを分析する最も大切なプロセスです。

このプロセスで間違えると③、④のプロセスでもズレが生じてしまうのてしまうので丁寧にやったほうがいいですね!

以上を踏まえて明日!! センター本番レベル模試全力でがんばりましょう!!

明日はみんなの姉御、有江さんです!!

IMG_4537.JPG を表示しています