春休みの勉強の仕方 ver.吉本 | 東進ハイスクール自由が丘校|東京都

ブログ

2016年 3月 10日 春休みの勉強の仕方 ver.吉本

こんにちは!担任助手の吉本です。

 

皆さんは学期末試験が終わったごろでしょうか?結果はどうでした??

赤点をとってしまった人はもっと前から対策をするといいでしょう。

そして、平均点の近くをとった人はさらに上を目指そう!

高1・2年生のときの努力は必ず受験のときに報われます。

今頑張らないと、のちのち大変後悔することになります。

さて、

今回のテーマは「春休みの勉強の仕方」です。

わたしがおすすめしたい勉強は高速マスターを完修することです。

まだ完修していない生徒が多くいます。英語の単語・熟語・文法は春休みなどの長期休みをつかって覚えましょう。

英語の実力で受験結果が左右されるといっても過言ではありません。

また、英語は短期間で実力が身につくような科目ではありません。

4月からいよいよ受験生になる生徒はこの春休みが英語を勉強するラスト・チャンスだと認識してください。

勉強を始めるのは4月からで大丈夫という甘い考え方では第一志望校に合格できません。

 

勉強の仕方という本題に戻ると、

一年間の復習に時間を当ててください。

必ず復習してください。

理由は単純です。

忘れてしまったことは学年がかわって、急に思い出すことはありません。

数学ⅠAⅡBの苦手範囲が学年がかわって、急に得意になることはありません。

しかも、学年が変われば、いままで基礎を学んでいたのが、演習をすることになります。

春休みを是非復習するために使いましょう!

余力がある人は新学年の予習をしましょう!

 

頑張れ!