早起きしましょ!by角谷 | 東進ハイスクール自由が丘校|東京都

ブログ

2019年 6月 21日 早起きしましょ!by角谷

 

こんにちは!

担任助手二年の角谷です!

最近、熱いですね、、。

僕の家では、日によってはクーラーの力を借りて楽園を作っています!

暑さに負けないように暑さ対策してくださいね~

本題に移ります!

皆さん早起きできていますか?

夜更かしをして、早く起きれなくて高校に遅刻したり、朝ご飯を抜いたりしていませんか?

まずは簡単に早起きの7つのメリットをご紹介します。

  • 一日のリズムが整う(自律神経が整う)
  • 食事のリズムが整う(血糖値が安定する)
  • 一日の予定を計画できる(脳への刺激)
  • 便通が整いやすい(胃腸への良い刺激)
  • 早寝への習慣化(睡眠の質の向上)
  • 時間に余裕ができる(ストレス緩和)
  • 勉強への集中力が増す(能率向上)

早起きのメリットで一番大きなものは、自律神経を整えることができるという点です。

早起きすることで一日のリズムが正常であれば、脳も活性化し、身体も軽くなります。

自律神経は人間の活動を支えてくれる根本となるリズムです。

人間も動物の一種ですから、太陽が昇ると活動し、

日が落ちると休息をする…こんな体内リズムが基本となります。

自律神経とは、活動を支える交感神経と、休息を導く副交感神経があります。

一日の内、朝は交感神経が優位になり、夜は副交感神経が優位になることで、

日中の活動から睡眠までを自然のリズムでコントロールしているのです。

早起きという時間は個人差がありますが、

通学の予定時間ぎりぎりに起きて慌ただしく準備をするだけで焦りが生まれ、

かなりのストレスになりますよね。

現代では、夜であっても明るい室内で活動を行うため、昼と夜の区別がつきにくくなっています。

こんな環境で過ごすだけでも、日常の中で大きなストレスが生まれ身体に様々な悪影響を起こしているのです。

しかし、動物としての根本的なリズムが整えば、焦るという時間が不要になります。

自律神経のバランスが整うことで、常に追い立てられるような状態から抜け出し、

自分自身の休息を感じることができるようになります。

 

早起きしてそのメリットを最大限に生かし、朝の時間をゆっくり過ごす自分を想像してみましょう。

リセットされた状態から一日を始める自分を想像してみてください。

早起きはハードルが高いと思う人は、まずは15分だけ早起きしてみませんか?

そしてその15分をどんな風に過ごすか、考えてみましょう!

 

次の担当は、安藤先生です。お楽しみに!

 


現在、自由が丘校では

夏期特別招待講習

お申し込みを受け付けております!

 

90分×5コマの授業を

最大4講座まで受けることができます!

 

お申し込みはこちら!

↓  ↓  ↓  ↓  ↓ 

さらに

7/16(火)19:30~

無料特別公開授業

あります!!

 

今回は数学の志田晶先生

自由が丘校で生授業を行ってくださいます!!

 

お友達を誘ってぜひ参加してください!

 

お申し込みはこちらから!!

↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓