文科省、複数回の新テスト検討 | 東進ハイスクール自由が丘校|東京都

ブログ

2013年 6月 7日 文科省、複数回の新テスト検討

こんにちは!

皆さん、昨日の新聞読みましたか??

「入試形態の多様化に伴い、十分な学力がなくても大学に入る若者も多い複数回受験できる新たな共通テストを入試に活用すれば、大学が学力を正確に把握できるばかりでなく、高校生の学ぶ意欲を高めるとの期待がある。」

という考えから、文部科学省が5年後をめやすにセンター試験を廃止するかもという記事がありました。

さらに、「到達度テストの活用方法のほか、論文や面接など多面的な評価方法の活用▽高校と大学の接続のあり方▽英語能力テスト「TOEFL」など外部試験の入試への活用――などを議論し、9月をメドに安倍首相に提言する。」

とも記されており、これから日本の学力を高めるための姿勢を示しています。

(2013/6/6『日本経済新聞』朝刊)

 

 

 

 

 

 

 

当事者の皆さんどうですか?

これからの日本の国力には、みなさん一人一人の力が大切です。

どんな形であっても、毎日の努力を惜しまず、頑張りましょう!

 

福井穂香