担任助手をやって、変わったこと ver.松下 | 東進ハイスクール自由が丘校|東京都

ブログ

2015年 12月 16日 担任助手をやって、変わったこと ver.松下

こんにちは!

自由が丘校担任助手の松下です!

 

さて、「担任助手をやって変わったこと」ですね。

私はもう4年生でかなりお局なので、

変わったことが多すぎて書くことが出来ないくらいです(笑)

本当に沢山のことを学びました。

 

ひとつだけ、比較的最近のものをあげるとすれば

物事の本質を考える力

が付いたと思います。

 

生徒のみなさんと接しているとき、

「なんで彼・彼女はこんな風に言い訳するのだろう?」

「なぜ勉強したいと言っているのに行動にうつらないんだろう?」

と考えることが多々あります。

その根本的な原因を探らなければ、

生徒のみなさんに正しい指導をすることが出来ないと感じています。

 

生徒のみなさんに参加してもらうイベントを企画するとき、

「なぜこのイベントを行う必要があるのか」

「このイベントに参加してもらうことで、生徒にどうなって欲しいと思うか」

この2点は必ず常に頭に置き、

”ただの盛りあがるイベント”のような中身のないものにならないよう、工夫しています。

 

本質から物事を考えるということは、

社会人になっても本当に必要な力だと思います。

どうして自分はこの仕事をしているのか

どうして自分はこの会社にいるのか

それ以外にも

どうしてお客様はこの商品を買ってくれないのか

どうしてここの数値だけが上がらないのか

ほかにも沢山の例があると思います。

こういった事をどんどん深く掘っていって

根本的なものを見つけることが出来れば、

それに対するアプローチもより本質的なものになりますよね!

 

物事の本質を考える力

というのは、かなり難しいスキルだと思いますが

是非皆さんが社会人になるまでには身に付けておいて欲しいと思います。

 

普段の勉強でも、しっかり自分の弱点に向き合ったうえで

どうしてこれができないのか

どうしてこの教科の点数だけが上がらないのか

などなど、しっかり根本的な原因を探し出す努力をしてみましょう。

少しずつ力がついてきて、

勉強にも必ず役に立つと思いますよ!

 

話がそれてしまいましたが…(笑)

担任助手は、学べることが本当に多い仕事です。

自分の予想以上の事をやらせてもらえます

一生懸命やれば必ず、自分の成長に繋がります

今の私があるのは、担任助手をやったからだと言い切れます。

 

今の高3生で考えてくれている人は、是非頑張って合格して仲間になりましょう!

1,2年生には考えている人はまだほとんどいないと思いますが…(笑)

東進の担任助手は、その校舎の卒業生のみで構成されています。

今、1,2年生で校舎にいるみなさんも、将来校舎を支える担任助手になる可能性があるんです!

もし、少しでも興味がわいたら、担当の担任助手に聞いてみてくださいね(^^♪

 

自由が丘校担任助手

4年 松下まど加

                                  

体験授業のお申し込みはこちら☟

 

入学希望の方はこちら☟