天野のHOW TO DECIDE 第1志望校! | 東進ハイスクール自由が丘校|東京都

ブログ

2016年 10月 28日 天野のHOW TO DECIDE 第1志望校!

こんにちは!

青山学院大学国際政経学部1年の天野です!

 

 

かねてから通ってる教習所で最近ついに路上に出ることになりましたが、

高校生(特に自転車に乗ってる人)はお構いなしに車道に出てくるので怖いです…

 

 

この間なんか、二車線の道路のど真ん中を通る怖いもの知らずの自転車に乗る女子高生なんかいて、

隣の教官が「ああいうのを自殺志願者と呼ぶんだな」と憤慨してました。

 

みなさんも気をつけてください!

 

 

ところで高校生のみなさん、

行きたい大学 

 は決まってますか??

 

 

まぁ3年生はもう決まっていると思うんですけど、

 

1、2年生はまだ決まってない人が多いかと。

 

 というのも、僕自身高2のころ大学の名前しか知らず、

どういった学部があってその学部はどういうことをするのか

まっっっっったく知りませんでした。

 

 もっと言えば知ろうとも思ってませんでした(笑)

 

 

 

そんな僕の現役時代の第1志望校は

 慶應大学文学部

でした。 

 

 なぜ慶文にしたのか、理由は単純です。

 

 

 

“慶應ボーイかっけぇ、おれもなりてぇ ”

 

 

 

他にも英語やりたい・文学に興味がある・キャンパスかっこいい・女の子がかわいい(笑)など色々理由はありましたが、

勉強に意味を見いだせていなかった最初のころはこんな

不純で憧れ的な感じで志望しました。

 

 

まぁあとはビリギャルの影響も少々… 

 

 

最初はこんなしょうもない理由でいいんですよ。

 

 

重要なのは

目標を設定してそこに向かって努力すること

ですから。

 

 

もちろん確固たる夢を持ちそれを叶えるための大学を志望すること

以上にいいことはないのですが、そんなものを持っていなかった天野少年は

 

勉強に意味を持たせるため

 

そのためにこんな理由から始めました。

 

 

 

また、勉強しているうちに志望校は変わってくると思います。

 

 

 

僕も一時期しっかり将来について考えたときがあって、海外で活躍したいから国際学部に行きたいときちんと将来の夢に向かうため

 早稲田の国際教養学部に浮気したこともあります。

 

 

結局慶應に憧れすぎて戻りましたが…

 

 

なので、第1に憧れの慶應から入っていき

自分の夢をより叶えられそうな文学部を選びました。 

 

 

 

 

以上説明してきたように僕はまず第1志望を決めるのにまず

 

憧れ

 

 を持つようにし、それから

 

将来の夢

 

 を繋げられるように具体的に志望校を決めました。

 

 

 

まだ志望校が決まってない人はまず憧れの大学を見つけるために調べたり、先輩に聞いたり、キャンパスに行ってみたりしてください!

 

 

 

明日の担当は大学院1年の広田さんです^^