国語の肝は古文漢文!?ver丸尾 | 東進ハイスクール自由が丘校|東京都

ブログ

2018年 9月 18日 国語の肝は古文漢文!?ver丸尾

 

 

こんにちは、担任助手の

丸尾晴です!

みなさん、8月のセンター模試

の結果はどうでしたか?

それぞれ課題はあったと

と思いますが、今回は

僕が考える国語の勉強法

教えようと思います!

 

まず、国語の試験は

現代文、古文、漢文に分かれています。

その中でも、特に点数が取りやすいのは、

古文漢文、この二つだと思います。

なぜなら、この二つは現代文とは違い、

問題文さえ読めれば、読解を

必要とせず解ける問題が多いからです。

古文と漢文を確実に取れるようにして

センター試験の国語の点数を

上げていきましょう!

 

ではまず古文の勉強法ですが、

古文で重要なのはズバリ!

古文常識副詞です!

古文常識は、登場人物の行動を

理解するために

必ず押さえておきたい

部分です!

また、副詞の呼応は、

たいてい特殊な意味を持っているため、

問題を作りやすい

という特徴があります。

この二つは、ぜひ文法書

復習しておきましょう!

 

次は漢文についてです。

漢文では、とにかく書き下し文

にすることが重要です!

漢文は、書き下し文にしてしまえば

古文とほぼ変わりません!

漢字しか書いてないので

苦手意識を持つ人も多いですが、

古文を解くつもりで解いてみれば

それほど難しくはないと思います!

 

参考になりましたか?

次の模試で国語の点数を

一気に上げて、志望校合格

近づきましょう!!

 

明日の担当は西山さんです!