国立理系 勉強方法 | 東進ハイスクール自由が丘校|東京都

ブログ

2019年 5月 21日 国立理系 勉強方法

 

みなさん、お久しぶりです

 

岡田大和です

 

名前だけでも覚え(ry

 

とういうわけで今回は

 

国立理系の勉強について

 

何かしら言えたらなと思っているのですが

 

そもそも僕が受験した東工大

 

私立なのか国立なのか

 

わからない人多いと思いますが

 

一応立派な国立です。

 

但し受験形式的にセンターがほぼ無視でき

 

二次試験が理系科目(英語有)なので

 

私立っぽいんですよねぇ~(大学名的にも)

 

だからこの記事

 

実質私立理系の勉強法になりそうです(笑)

 

とはいえセンターの勉強も

 

一応ちゃんとやってたんで、

 

センターにも触れますよ(笑)

 

【せんたぁ】

 

せんたぁは科目によっては

 

クセが強いものがあるので

 

模試や過去問の復習は

 

徹底してました。

 

あと大手予備校が

 

〇パックって感じの名前の

 

せんたぁ試験の予想問題を作ってるので、

 

それも重宝してました。

 

あと、東工大志望の方々

 

地歴公民の選択は

 

現代社会ホントにオススメです!

 

(一週間の勉強で8割超えるからめっちゃ楽)

 

是非参考にして下さい。

 

【にじしけん】

 

えーごに関しては、

 

かなり高い語彙力が

 

要求されるので、

 

難しめの単語などを覚えたり、

 

単語の形や用法からある程度

 

意味を推測する力も大事だと思います。

 

すーがくは取り敢えず、

 

自分にあったレベルの問題を

 

沢山やることが

 

一番力のつく方法だと思います。

 

僕は標準〜応用くらいの

 

難易度の問題を解いてました。

 

理科は後回しにしちゃいがちですが、

 

8月までには

 

全範囲終えてたらベストかなと思います。

 

まあでも結局勉強なんて

 

楽しんだ者勝ちだと思うので、

 

なるべく苦痛に思わずに勉強できたら

 

いいんじゃないかと思います。

 

以上、岡田大和でした。

 

明日の担当は山田担任助手です。

 

 

現在自由が丘校では

 

定期テスト対策特別招待講習

のお申込みも受け付けております!!

 

1講座

90分×5コマの授業が

最大2講座無料

で受けることができます!

 

下の画像をクリックして下さい!

↓ ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓