国立受験について ver.佐久間 | 東進ハイスクール自由が丘校|東京都

ブログ

2020年 2月 14日 国立受験について ver.佐久間

こんにちは

担任助手1年の佐久間です。

 

今日のブログですが

新高校2年生向けになるように

意識して書いていきます

特に志望校を

決めあぐねている人に

響く内容になれば

嬉しく思います

 

さて、今回のタイトルは

「国立受験について」

 

志望校を決めるにあたって

「私立か、国立か」

というのは

まず最初に考えること

なのではないでしょうか

 

受験形式については

各大学で特徴があるので

一概には言えませんが

ここでは代表的な特徴として

受験科目の多さを挙げます

 

私立大学の受験科目は

3科目前後

であることが多いのに対して

国立大学では

1次試験で9科目

の受験が必要になります

 

大学によっては

1次試験の結果で

2次試験の受験者を絞る

通称・“足切り”

がある大学もあるので

1次試験でしか使わないから

と言って

手を抜くことはできません

 

加えて

2次試験の日程は

2月の25日26日

なのですが

これは

私大の試験が集中する週の

1週間後

 

つまり

国立受験の直前期

周りの私大受験の人たちは

一足先に受験生を卒業している

ということです

 

個人差はあるかと思いますが

この時期は

周囲の人が遊び始めたり

精神的につらい一週間に

なることが多いんです

 

しかし国立には

時にそれを超える魅力が

あるのではないでしょうか?

研究室の研究内容や授業

サークル活動が

特徴的な大学もあります

 

 

皆さんが

本当に

自分に合う大学は

どこなのか

自分が納得いくまで

考え

悩みながら

1校を選べることを

心より

願っています

 

私達担任助手

そのお手伝いが

できたらいいなと

思います

 

明日の担当は

芳賀担任助手です!

お楽しみに!