国公立志望だった私の併願校の決め方! ver.藤森 | 東進ハイスクール 自由が丘校 大学受験の予備校・塾|東京都

ブログ

2022年 11月 26日 国公立志望だった私の併願校の決め方! ver.藤森

みなさんこんにちは!担任助手1年の藤森です。

日に日に寒くなり、受験シーズンの訪れを

感じる季節になってきましたね。

受験生の皆さんは、焦らず今できること進めていきましょう!

 

さて今日は、国公立志望であった私の併願校の決め方

について書きたいと思います。

併願校を決める上で大切なことは

自分の学びたいことが学べる大学

選ぶことです。

僕自身は、大学で経済学を学びたかったため

併願校も、経済学部ばかりを受験しました。

これは万が一、第一志望校に合格できなかったとしても

自分が学びたいことは譲れないと思ったからです。

 

次に、国公立志望の皆さんは共通テストを受験している

というアドバンテージを最大限に活かすべきです。

私立大学の多くは

共通テスト利用入試・共通テスト併用入試

という入試方式を採用しています。

これらは、共通テストの成績を持って入学の可否を判断する、

ないしは共通テストの成績も加味して入学の可否を判断する

というものです。

共通テスト利用入試で受験する場合、

二次試験の対策をする必要も、

二次試験を受験しに大学に行く必要もありません。

そのため、第一志望校の国公立大学の対策を

より多く行うことが出来るというメリットもあります。

 

国公立志望の皆さんは多くの教科の対策を

しなければならず、併願校対策をする時間が

あまり多くは取れないと思います。

そのため、自分の学びたいことを限定した上で

さまざまな入試形態を検討してみるのも良いかと思います!

 

次回もお楽しみに!