受験生時代の一日の過ごし方 (五月編) ver.佐久間 | 東進ハイスクール自由が丘校|東京都

ブログ

2019年 5月 25日 受験生時代の一日の過ごし方 (五月編) ver.佐久間

 

 

こんにちは!!!

 

 

五月のくせに最近とても暑いですね。

 

 

担任助手の佐久間です。

 

 

 

大学の登下校に合計三時間かかるので

 

 

電車ではジョジョを読んで暇をつぶしていたのですが

 

ついに昨日、、、

 

最新巻まで読み切ってしまいました

 

 

今度は途中で止まってしまっているキングダムをまた読み始めようと思います。

 

 

 

さて、

 

今回のテーマは

「受験生時代の一日の過ごし方(五月編)」

です。

 

 

もう五月も下旬ですが、少しでも皆さんの参考になれば幸いです。

 

 

僕は都立の中高一貫校に通っていました。

 

 

都立と聞いてお察しの方もいるかと思います

 

五月は受験生としての自覚はほとんど無く、受験勉強よりも部活の引退や体育祭の方に打ち込み、

 

勉強時間はほとんどありませんでした

 

 

毎日15時頃に学校の授業が終わると

18時や時には19時まで部活か体育祭準備

 

帰りに東進に寄るのは週に2回程度で

帰宅後の勉強時間もせいぜい2時間でした。

 

しかし、大事なのは行事や部活が終わってから。

 

 

体育祭が終わり、部活も引退してからは

 

受験勉強モードに切り替えるために毎日授業が終わると学校の自習室に行く習慣をつけ、

 

最低でも平日4時間は勉強するようにしました。

 

5月6月の間は他の部活の引退試合の応援に行ったりしていましたが、

土日の勉強時間も少しずつ増やすことができました。

 

部活から勉強にスムーズに移行できたことで周囲に比べて多い勉強時間を確保できたように思います。

 

 

まだ行事が残っている人や部活の引退が迫っている人は、全力でやり切って、その後の切り替えをしっかりしましょう。

 

そして行事や部活を終えて燃え尽きてしまっている人も、それまでの情熱を今度は勉強の方に注いでいきましょう。

 

 

僕も担任助手としてそんな皆さんを支えていけるよう頑張ります!!

 

明日の更新は、首藤担任助手です!!!!!