修了判定テストの重要性 ver.島雄 | 東進ハイスクール自由が丘校|東京都

ブログ

2016年 3月 31日 修了判定テストの重要性 ver.島雄

こんにちは~

明日からは出会いの季節4月ということで

後輩ができるのが楽しみでしょうがない

立教大学コミュニティ福祉学部(今日まで)1年の島雄です!

 

今日は修了判定テストについて、と。

修判と呼ばれているこのテストは

講座の最後にあるテストのことでありますが

私、非常に思い入れのあるものなのです。

 

私が生徒(高3)だったとき。

修了判定テストって

講座の総復習みたいな感じがして

手は出しづらいわ、

ちょっと難しい問題がでてくるわ

テストの結果も自慢できることは少なかったです。

 

ただ受講の進みが早くて

校舎の中でも割と早めに受講を終えることができました。

そこで当時の担当の担任助手からこんな一言

「今までの修判Sのやつ全部SSにしてみれば」

 

私、この担当の助手をとても信頼していたので

すぐとり掛かりました(笑)

受講した日から時間が経ったものもあったので大変でしたし

結構時間が掛かってしまいましたが、

全ての修判をSSにし、

ついでに全ての確認テストもSSにしちゃいました。

 

これはその後の学力向上に大きく貢献してくれたと思います。

苦手だった修判が今では誇りとなりました(*’▽’)

 

でもみなさん

こんな、私みたいに大変な事しなくていいんですよ。

 

普段から授業をしっかりきいて必ず確認テストをSSにして

1講目の内容を完全に忘れないうちに受講を終え、

さらっと復習をして

受講内容を忘れないうちに修判を受ければいいんです。

普段からやっておけば修判の前の復習は

そんな膨大な量にならないはずです。

 

みなさんがせっかく取った授業の効果が

Sのままではもったいないですよ!

修判もひとつひとつ丁寧にやっていきましょう!

 

明日のブログ担当は本間担任助手です(^_-)-☆