併願校の選び方 VER丸山 | 東進ハイスクール自由が丘校|東京都

ブログ

2019年 10月 30日 併願校の選び方 VER丸山

 

皆さんお久しぶりです

担任助手2年目の丸山陽太郎です!

 

 

徐々に秋らしくなってきましたね

秋服を着るのが楽しいです!!

 

さて、本日は「併願校の決め方」について話していきます

併願校は「挑戦校」「実力校」「滑り止め校」に分けて受験するのが最良です!

挑戦校・・・模擬試験の判定はDまたはE 
自分の偏差値との差が5~10程度の大学

 

実力校・・・模擬試験の判定がB以上 
自分の偏差値との差が2ポイント程度の大学

 

滑り止め校・・・模擬試験の判定がA 
自分の偏差値より5ポイント程度低い大学

 

それぞれ2校程度受けるのが望ましいのかなと思います!

 

絶対浪人したくない!という人、第一志望校に合格しなかったら浪人は仕方ない・・という人によって受けた方がいい校数は異なるので

皆さんの考え方に依ります!!

学部によって勉強する事がものすごく異なるので

「上位校の異なる学部」に行くよりは、「少し偏差値が低くても行きたい学部」に行った方がいいと思います!

 

次回は岡田担任助手です!!