併願校にかけた時間は?ver.佐久間 | 東進ハイスクール自由が丘校|東京都

ブログ

2019年 11月 3日 併願校にかけた時間は?ver.佐久間

こんにちは!

担任助手1年の佐久間です。

 

11月ですね!!!

寒い!!

自分は去年どうやって冬を越していたんだろう…と最近よく思います。

 

体調に気をつけて過ごしていきたいですね

 

さてそんな中、

今回は「併願校にかけた時間は?」ということで、併願校の対策にかけた時間について書いていこうと思います。

 

受験生の皆さんはまさに今、過去問対策を行なっているところだと思います。

 

私もこの時期は過去問に手を焼いていました、、、

 

過去問の演習を始めた頃はやればやるほど自信がなくなっていって「専門学校でいいかな…」と思ったこともありましたが、それを耐えれば傾向・コツを掴んで点を伸ばしていくことができたように感じます。

 

本題の併願校にかけた時間ですが、私は心配性なので基本的に第一志望に対して3/4程度の時間をかけて準備をしていました。

 

ただ、私の志望校は面接試験のみの大学や過去問に解答解説が付いていない大学など様々にクセのある大学があったので、一般的な情報をお伝えすることはできないかもしれませんし、正しい比率もよくわかりません。

 

ですが、しっかりと演習できる形で過去問が用意できるのであれば出題傾向を掴めるまでやっておくことを強くお勧めします。

 

そして、このブログを読んでいるかどうかはわかりませんが、まだ過去問をやっていないという方!!大至急!今!始めてください!

 

単元ジャンル別演習も、たくさん過去問を解くことができるとってもいい教材だと思うので取っているという方は是非活用していってくださいね!

 

さて、明日のブログは

山田担任助手です!

 

タイトルは「千題テスト」

私も昨年度は受験しましたが、初めてその名前を聞いたとき「千題」を「仙台」と勘違いしたことを覚えています。

「仙台テスト」じゃさっぱり意味がわかりませんよね

 

明日もお楽しみに!

ブログ読んでくださってありがとうございました。