上手な目標の立て方とは ver中村 | 東進ハイスクール自由が丘校|東京都

ブログ

2020年 4月 23日 上手な目標の立て方とは ver中村

みなさんこんにちは。

担任助手の中村です。

 

大分外は暖かくなってきましたね!

思いっきり、外で友達とはしゃぎまわりたい時期ですが…

今は我慢。

周りの人の命を守るために、なるべく家にいるようにしましょう。

 

さて、今日は目標の立て方について話したいと思います。

あまり、外に出歩けない、グループミーティングもない。

どうやって勉強したらいいか分からない。

 

そう思っているそこのあなた!!

 

目標を自分で立ててみましょう

 

やり方は今から僕が教えます。

目標を立てる大切さというのは、とてつもないです。

自分で目標をたて、それを実行できる人

それは、受験だけでなく、様々な社会で成功を収めています

 

でも、目標立てても実行できないんだよなあ。

 

そう皆さんは思うと思います。

でも、それで目標建てをやめる。となってしまってはダメです。

始めは、目標通りいかなくて当たり前。

そう思ってください。

 

目標を何故立てるか。

 

それは、自分の能力を正しく把握するためです。

人は、自分の事を過信しがちです。

そのため、何となく勉強していると勉強した気になってしまいます。

それを目標を立て、達成できないという経験から

「もう少し減らした方がいいか」

とか、自分にあった適量を知れるわけです。

目標を実行する人は、実行力があるのではく

目標を立てるのが、上手と言っても過言ではないでしょう!

ではどうやって目標を立てるか?

それは簡単です。

 

数値で立てる。

 

これだけです。

つまり、「今日は数学をやる!」

という目標を立てるのではなく

「今日は、〇〇参考書を10ページやる!」

といった感じで、その実行がきちんとできたか確認できるようにしなくてはいけません。

やる!だけだと、1ページでも変わりませんよね?

でも、10ページが目標なら、例え9ページやっていても、目標達成ではありません!

このように、自分がきちんとやったかやってないか分かるように

数値で目標を立ててみましょう!

家で一人で勉強しなくてはいけないこの期間。

計画建てをマスターするのにはもってこいです!

是非、これを機に最強の目標を作り上げましょう!

 

明日は、山本担任助手がブログを書きますー!