センター過去問を解こう!ver.生井 | 東進ハイスクール自由が丘校|東京都

ブログ

2019年 7月 3日 センター過去問を解こう!ver.生井

こんにちは!

担任助手1年生井晶子です🙂

 

もう7月ですね!

やりたいことが沢山ある

わくわくが止まりません🙂

 

7月という事は…センター試験まで

残り200日を切りました…!

 

寒気で一気に涼しくなりましたか?

センター試験のことを考えれば

冷房要らずですね!!

 

冗談はこのくらいにして…

真面目に語ります。

 

膨大な量の受講数に

参ってる受験生も多いと思います。

ですが!!

 

センター試験は待ってくれません。

 

 

得意な科目からでもいいので

今すぐセンター過去問に

取り組もう!

 

私も当時は

膨大な量の受講に追われていましたが、

一日複数コマ受講を毎日の目標とし

早期に受講を終わらせ、

 

 

7月にセンター3年分

8月にセンター7年分

演習し夏休み中に10年分やり遂げた上、

 

 

第1志望校の過去問に着手

する事もできました!

 

大問別演習も毎日

取り組んでいたので、

合算すればかなりの演習量です。

 

自分の弱点、解き方、時間配分、傾向は

10年分を解き、

分析、理解をした後で

やっと分かるものです。

 

解いて終わった気になるのは禁物!

分析、理解まできちんとしましょう!

演習時間が無駄になってしまいます!

 

今以上に効率性が求められる直前期は

間違えたところや

苦手な問題にマークをし

該当箇所を2-3周する

方法がオススメです。

(私は私大の過去問でしか

この方法で演習できず

時間を無駄にした気分になりました…)

 

皆さんはこれからセンター過去問

第一志望の過去問(各方式)

第二志望以下の過去問を解き、

分析までしなければなりません。

時間…ないですよね?

 

夏は受験の天王山

(勝利の分岐点)

と耳にタコができるほど

言われてきたと思います。

 

山に登るための準備、

できていますか?

登りきれる体力、集中力は

備わってますか?

 

「夏休みになったらできる」

は大間違いです。

 

夏休みになろうが

勉強するのは自分。

人は突然変われません。

 

過去問に着手する時期を

先送りにしたり、

週間受講コマ数に

妥協をしたりせず、

 

今日から毎日

人生最大の努力をしよう!

 

 

明日の担当は

吉田担任助手です!

お楽しみに!

 

 

 

 

 

 

 


現在、自由が丘校では

夏期特別招待講習

お申し込みを受け付けております!

 

90分×5コマの授業を

最大4講座まで受けることができます!

 

お申し込みはこちら!

↓  ↓  ↓  ↓  ↓ 

さらに

7/16(火)19:30~

無料特別公開授業

あります!!

 

今回は数学の志田晶先生

自由が丘校で生授業を行ってくださいます!!

 

お友達を誘ってぜひ参加してください!

 

お申し込みはこちらから!!

↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓