スタート時期が重要①  | 東進ハイスクール自由が丘校|東京都

ブログ

2015年 3月 10日 スタート時期が重要① 

どうもこんにちは!

東進ハイスクール自由が丘校担任助手一年の吉田です。

 

 

 

 

 

今回は僕自身の受験期の学習内容と受験結果を踏まえて、スタート時期の重要性をお話します!

僕は今、慶應義塾大学理工学部に通っています!

が、もともとは東大志望でした。

なぜ自分は落ちてしまったのか、そしてなぜ慶應大学に合格できたのか、各学年ごとの学習内容をもとに参考になればと思います!!

 

まず、高校1年

センターレベルの英語、数学、国語の勉強をしていました。

特に英語に関しては、高速マスターを中心に単語や熟語、文法など基礎基本を固めていました。

 

次に、高校2年

英語は音読と長文読解、数学は2次の基礎固め、理科は受講を中心に基本を勉強していました。

 

そして、高校3年前半

英語、数学、国語は2次レベルの勉強、理科は2次の基礎固めをしていました。

 

高校3年後半は過去問演習を中心に勉強をして、抜けている基本事項を適宜復習をしていました。

 

ここで重要なのが 基礎基本の徹底は受験期間中 ずっとつきまとってくるものだということです!!

例えどんな難関校をめざしていてもです!

 

ではなぜ東大に合格できなかったのか。。。

それは 過去問演習講座の開始時期です!!

やはり早い段階から東大の形式に慣れ、対策をして、自分に何が足りないのかをいち早く知ることです。

そのためにも早い段階でのセンターレベルの完成が求められてくるわけです(ーー;)

 

だから スタート時期 が極めて重要なのです。

今塾選びで迷っているかた、そんな暇があったらすぐにでも受験勉強を始めるべきです\(^o^)/

一緒に受験を乗り越えましょう!!

 

新年度招待講習のお申し込みはこちら☟

体験授業のお申し込みはこちら☟

入学希望の方はこちら☟