難関有名模試を復習しよう!! ver.小松原 | 東進ハイスクール自由が丘校|東京都

ブログ

2017年 11月 25日 難関有名模試を復習しよう!! ver.小松原

 

 

 

みなさん、こんにちは!

早稲田大学創造理工学部社会環境工学科2年の小松原です。

 

今日は先日あった難関有名模試

ついて話したいと思います!

 

 

 

 

まず低学年の人の為に、

この模試のことを説明しとくと、

 

普段2か月に1回、偶数月に受験しているのは、

センター試験対策のためのセンター模試ですね。

 

 

一方、通常受験生はセンター試験を受けた後、

大学毎の試験を受けるのですが、

(これがいわゆる2次試験です)

 

この試験対策の為の模試が

難関有名模試です。

 

なので、難関有名模試というのは

センター模試に比べて、

かなり難しいです!

 

おそらく、低学年の皆さんも

高3の5月から受けると思います。

 

最初は点数が低くて

落ち込むかもしれませんが、

それを糧にしてその先の勉強を

頑張っていって下さい!

 

 

 

さあ、そんな難関有名模試が11月23日にありました!

受験生の皆さん、

模試の自己採点はしましたか?

 

 

「まだ、自己採点してない!」

 

って人は今すぐにしましょう~

 

 

難関有名模試は記述などがあり、

自己採点しにくいかもしれませんが、

まずしっかりと自己採点してから、

復習に入りましょう!

 

 

センター模試と同じく

やはり難関有名模試でも復習は大事です。

 

 

模試というのは

「自分が何点取れたか」

というのがもちろん一番大事ですが、

 

それだけではなく、問題をもう一度見直してみて

解いてみる(復習)ことも大事です!

 

 

でも、多くの学生の皆さんは

 

「なぜ復習ってしなければならないの?」

 

ってきっと思いますよね?

 

 

 

復習しなければならない理由は簡単です。

 

人間は天才ではないので、一度やったことも

数日経てば忘れます。

 

ので、何回も記憶し直すことで

ようやく頭の中に定着するのです。

 

この「記憶し直すこと」こそが復習ですね!!

 

 

これを考えれば、なぜ復習しなければならないか

分かったと思います。

 

センター模試でも難関有名模試でも同じく、

問題も一度解いただけでは頭に定着しないのです。

 

 

だからこそ、後50日程度で受験を迎える高3生の皆さん!

しっかり模試の復習してくださいね!!

 

次回は西澤さんです。