行事と勉強の両立 ver.遠藤春菜 | 東進ハイスクール自由が丘校|東京都

ブログ

2017年 9月 22日 行事と勉強の両立 ver.遠藤春菜

 
 
 
 
こんにちは!
 
 
自由が丘校担任
助手一年の
遠藤春菜です。
 
 
 
 
 
大学の夏休み
もう終わり、
 
授業が始まりました。
 
 
 
 
 
高校生のみなさんは
 
文化祭シーズン
 
だと思います。
 
 
 
 
 
 
そこで、
今回私からは
 
イベントシーズンでの勉強との両立」
 
について
話したいと思います。
 
 
 
 
 
 
 
 
まずは、
私の高3の体験談
から
話したいと思います。
 
 
 
 
多くの学校では、
高3は
文化祭に参加しない制度が
とられていると
思いますが、
 
 
私の学校では
例年、
高3も
文化祭
ガッツリ参加することに
なっていました。
 
 
 
 
高3は
各クラスが劇を行うために、
夏休み
毎日登校して
練習をしていました。
 
 
 
また、
私は、有志でバンドを組んで
ライブにも
出場することにもなっていたため、
その練習も
夏休みにやっていました。
 
 
 
 
 
 
受験生
ありながら、
こんなにガッツリ文化祭
参加していて、
 
「果たして大学に受かるのか」
 
と、
他校の友達に
心配されていました。
 
 
 
しかし、それでも、
当時の
私のバンドメンバーは、
早稲田明治国立大
合格することができ、
 
受験
結果的な支障は来さずに
文化祭
乗り越えることができました。
 
 
 
 
 
 
 
では、
 
どのようにして
学校行事受験を両立させていたのか。
 
 
 
 
 
大事なポイントは
すきま時間の有効活用です。
 
 
 
 
 
 
私の場合は、
 
練習の合間合間に、
 
高速基礎マスターの修判
センター1800~上単まで
一日一回受け、
 
講座で扱った英文の
音読を行っていました。
 
 
 
そしてそれを毎日続けることです。
 
 
 
 
 
 
こういった
細かいものを
毎日続けることで、
 
変則的な生活の中でも
一定の勉強量
保つことができます。
 
 
 
 
 
高1高2生など、
いま文化祭
忙しい生徒は
 
ぜひそういった工夫
行ってみてください。
 
 
 
 
 
そして、
ぜひ、一度しかない高校生活
満喫しながら、
勉強にも励んでください。