最後の最後まで頑張るポイント! by三上 | 東進ハイスクール自由が丘校|東京都

ブログ

2017年 12月 8日 最後の最後まで頑張るポイント! by三上

こんにちは!三上です。

 

ついに12月に入りましたね!

定期テストが終わり

既に冬休みが始まっている人も

いると思います。

 

まさに受験直前ですね!

 

 

本日はその直前に関する内容です。

 

 

 

皆さんは今、3月ごろの自分が

どうなっていると考えていますか?

 

 

 

 

夏休み終わりくらいから

少しずつ国立2次、私大に向けた

勉強を始め、

11月は第一志望校や受験予定の

大学の過去問をやっていたと思います。

もうじき12月も半ばになるので

センター試験の対策をやり始めた

人もいると思います。

 

 

 

 

国立2次、私大の過去問をひと段落

終えた思いますが

その手ごたえから、第一志望校に

受かるという自信がつきましたか?

 

 

 

 

 

僕が生徒と話していて思うのは

自信がついている生徒はわずかで

なかなか良いイメージが持てていない人が

ほとんどだと思います。

 

 

 

やっぱり過去問は難しいですよね。

その問題をあと2か月後くらいに解けるように

なっているなんて、あまり想像できないと思います。

 

僕もそうでした。(笑)

 

 

 

実際僕は受験前日まで自信がつくこともなく

受験も失敗に終わってしまいました。

 

 

 

しかし、担任助手とという立場に立って

生徒見ていると

僕とは違い、短期間で成績がぐっと

上がっている人がいたり

過去問をしっかり解ける人がいたり

目でもわかるくらい成長している

がいます。

 

 

 

 

そういう生徒を見ていて

感じる共通のポイントは

 

・前向き

・油断していない

・過去問演習に取り組んでいる

 

というところだと思います。

 

 

 

 

成績が伸びている生徒は

難しい問題にぶつかっても諦めず、

解けたら喜び、またすぐ次の問題に

向かっていきます。

そういう生徒は問題を解いていて

楽しそうにも見えます!

 

 

 

そしてこれを実現できる一番楽な方法が

過去問というわけです!

 

 

 

だからこそ積極的に過去問に取り組んで

ほしいです!

 

 

 

 

また、成績が上がっている生徒は

油断しないで、過剰に休むことなく

勉強に励んでいます。

最近、何をやればいいかわからないし

友達と話しているのも楽しいし、

少しずつ勉強量が減っているという

人もいると思います。

 

僕もそんな感じでした。

 

 

 

そんなんでは絶対に受かりません。

本当に受かりません。

1日くらいいかなんて思ったら負けです。

 

 

 

合格してから、自分の理想とする

大学生活を思い描いて

明るい将来を考えながら

毎日、自分が出来る最大限の努力をしてください!

最後の最後まで絶対にあきらめずに頑張りましょう!

 

 

 

 

ありがとうございました!