数学の勉強について ver.玉川 | 東進ハイスクール自由が丘校|東京都

ブログ

2017年 9月 13日 数学の勉強について ver.玉川

みなさんこんにちは!

夏休みが終わって2週間

元の学校生活にはなれましたか?

 

大学生の夏休みは

まだ残り1.2週間というところです。

 

さて、今日は数学の勉強について

書きたいと思います。

 

例年、東大の合格者不合格者

平均点の差が最も大きい教科

であるのが数学です。

 

それくらい数学は

出来不出来が大きく分かれ、

合否を決める科目です。

 

だから、絶対に数学に

最も時間を

かけなければなりません。

 

その上で普段の勉強で

意識して欲しいのは

諦めずに考えて解く

ということです。

 

つい答えを見てしまいがちですが、

入試ではもちろん

そんなことはできません。

 

入試本番で初めて見た問題に対し

どのようにアプローチしていくかを

考える力をつける練習を

大切にしてください。

 

実際、入試問題を解くために、

習っていないことは使わないので

本当の意味で初めて見る問題

というのはないでしょう。

模範解答の各要素一つ一つは

見れば知っていることです。

(それらを知っているという

レベルになるために

ある程度の勉強量は必要ですが)

 

ですがそれゆえに、

なかなか解けない問題に出会った時

すぐに答えを見ると、

読めばわかる、ので

その問題が分かったような

気になってしまいます。

その問題を解けるようになった

になってしまいます。

 

大切なのは、

その問題の解法を読んで

覚えることではなく、

問題を揉みほぐして一つ一つ

よく知っているやり方で

解き進める経験をすることです。

 

明日からまたコツコツ勉強して

数学を得意にしていきましょう!!

 

明日の担当は西澤担任助手です