夏1日勉強するために大切なこととは?? ver 多々良翔太 | 東進ハイスクール自由が丘校|東京都

ブログ

2017年 7月 14日 夏1日勉強するために大切なこととは?? ver 多々良翔太

皆さんこんにちは!

最近、毎日氷枕をしないと寝れなくなった

多々良翔太です

エアコン使いたい・・・。電気代との闘い・・。

急に暑くなりましたが

体調はいかがでしょうか・・?

さあ本日はそんな暑さを吹き飛ばすような回にしてきますね!

今回のテーマはずばり・・・

早寝早起きです!!

受験の天王山といわれる夏

そして学校もいつもほどあるわけではない

そして自由が丘校では7月21日からなんと

朝の7時

から開いてるんです

ここまで環境が整っている以上

朝っぱらから勉強するしかない!

なんで朝っぱらからやるのかというと・・

実際の受験は朝から始まります!

一般的に脳は起きてから3時間立たないと

働かないといわれています。

試験開始が9時だと想定すれば

起きるのは朝の6時になりますね。

いわゆる入試の予行演習にもなるといってもいいでしょう

当然早起きしようとなったら大事になってくるのが・・

早寝ですね!!

勉強したりないからと言って夜中遅くまでやるのはNG!

そんなことをしたら次の日以降に響いてしまい、

負の連鎖に陥ってしまいます。

大事なことは・・

しっかりと生活習慣を作ること

というのは例えば自分は受験生時代

夜の11時には寝て、朝の6時には起きる

そして学校に行って講習なり、自習なりをして

東進に来る。

これをルーティン化していました。

目覚ましを大量にセットしてたのが懐かしいですね(笑)

最初は難しかったですが慣れてくればおちゃのこさいさいですよ

これは習慣化といってとても大事ですが、とても難しいことです

早寝早起きといったことは、生活のすべての土台の部分になってきます!

これができるようになるだけでも自分自身大きく成長できるのではないでしょうか?

受験の天王山となる夏休み

早寝早起きを徹底して実りの多い夏にしていきましょう!

全力でサポートしていきます!

明日は新谷担任助手です!